ひらのーと

≫学生FD活動(立命館時代)

幸せもんです!

100220学生FDサミット2010冬
学生FDサミット2010冬の1日目が終了しました。
北は山形から南は鹿児島まで、180名近い方にご参加いただき感謝感謝でございます
これだけの方々とお話できる機会に恵まれることは、一応「主催者」の一味ということになっている私にとっても本当に勉強になります。

明日にはまだまだ続きがあるので今日はこのへんで…
100220学生FDサミット2010冬懇親会
懇親会より。写っているみなさんには「僕のブログに載ります」と宣言しておいたので本当に載せちゃいます

昨日は立命館の研修施設に泊まりましたが、今日は一旦帰宅です
100220衣セミ
こう見えても中は普通の研修施設ですm(_ _)m

いよいよ!学生FDサミット2010冬!

学生FDサミット2010冬当日まであとわずか
連日準備を進めています
100217ミーティング
明日はリハーサルと最終チェックです

学生・職員・教員によるFD改善とは

昨日、法政大学市ヶ谷キャンパスで開催された法政大学第3回FDフォーラム「学生・職員・教員によるFD改善とは」に参加してきました。
ポスターはこちら(PDF)
今回は基調講演・報告者が立命館大学・岡山大学・法政大学の学生・教職員ということで、知っている人ばっかり。

もうちょっと丁寧に書くと、
立命館からは学生FDスタッフで直接担当してもらっている先生と同じ学生スタッフ
岡山からはi*Seeを開催されている学生・教職員教育改善委員会の先生と学生委員
法政からは学生FDサミット2009夏に参加してくださった先生と学生
です。法政大学でこのメンバーとお会いするのは不思議な感覚でもありました。
しかし、立命館学生FDスタッフの活動報告を除いては今までじっくりと話を聞かせてもらう機会がありそうでなかったことも多いので、新たな発見もたくさんありました。
後半の質疑応答&意見交換会では特にそうでしたが、学生・教員・職員の発言機会が交互にあったことも新鮮で、このテーマを考えるのにはおもしろい方法でした。

全プログラム終了後には立命館と法政の先生と学生(発表者以外の来場者も含む)で近所のさくら水産でまた呑んでいました。
昔は飲めないはずだった日本酒が最近飲めるようになって、しかもビールよりも飲みやすいと感じるようになってしまった自分に気付きました。笑


※当日のプログラム
■開会の挨拶(13:00~)
■第一部 
 ●基調講演1(13:10~14:00) 
  「学生とともに作る授業、学生とともに進めるFD」 
  木野茂氏(立命館大学共通教育推進機構教授、教養教育センター副センター長)
 ●基調講演2(14:00~14:50) 
  「岡山大学における学生参画型教育改善」    
  橋本勝氏(岡山大学教育開発センター教授、FD部門長)
 ★休憩(14:50~15:05)
 ●立命館大学学生FDスタッフの活動紹介(15:05~15:15)
  太田郁磨氏(立命館大学産業社会学部3回生、立命館大学学生FDスタッフ代表)
 ●岡山大学学生・教職員教育改善委員会の活動紹介(15:15~15:25)
  中里祐紀氏(岡山大学文学部2回生、岡山大学学生・教職員教育改善委員会委員長)
  高橋和氏(岡山大学文学部1回生、岡山大学学生・教職員教育改善委員会委員)
■第二部 法政大学におけるFD活動の事例紹介(15:25~16:35)
 ●スポーツ健康学部での授業改善への取り組み(15:25~15:55)
  須藤智徳(多摩事務部スポーツ健康学部事務課スポーツ健康学部担当職員)
 ●社会学部でのFDへの取り組み(15:55~16:25)
  大崎雄二(社会学部教授、社会学部FD委員会2009年度委員長)
 ●学生FDサミットに参加して(16:25~16:35)
  岡田拓也(社会学部3年、 社会学部研究発表会2009年度運営委員会委員長)
 
■質疑応答&意見交換会(16:35~17:20)
■閉会の挨拶(17:20)
※17:30~情報交換会を実施(参加費1000円)

追手門学生FDスタッフ活動報告

20091211103248
昨日、追手門学院大学で追手門の学生FDスタッフの活動報告会としゃべり場があり、参加させていただきました。6月に立命館の学生FDスタッフをお招きいただき、活動内容をご紹介する機会をいただいて以来の訪問です。

追手門のみなさんの活動の中で特に印象的でうらやましかったのは大学の先生へのインタビューを基に「教員図鑑」を作成されていることでした。学生の受講登録時のシラバスに次ぐ選択基準とすることを目標としているとのことで、学生からの積極的なアプローチを促す効果もあるのではないかと思いました。
また、インタビューを担当するスタッフには多くの先生と出会い、話を聞く機会が生まれるわけでスタッフ目線からもうらやましく感じられました。


後半のしゃべり場は以下の9つのテーマが設定され、各参加者の希望から教職員学生混合の6人程度のグループを構成して行われました。
【しゃべり場テーマ】
1.おもしろい授業―どんな授業?どんな先生?
2.こんな授業を受けてみたい
3.授業アンケートは必要か?
4.施設設備に関する改善点
5.どうして大学に来ているのか?
6.こんな居場所が欲しい!―空き時間の過ごし方
7.追大のイメージについて語ろう
8.大学でしか経験出来ないこと
9.新入生だった頃に感じたこと、考えたこと

立命館で開催するしゃべり場には学友会等他組織の活動分野の兼ね合いの関係で施設設備系のテーマは入れていないので、6番の「こんな居場所が欲しい!―空き時間の過ごし方」を新鮮に感じてここに参加しました。
追手門と立命館にはアクセスや学生の活動状況など、異なるところも当然多いですが、やはり共通している点は部活に参加しておらず決まった部室を持たない学生の居場所が難しいということでした。来年からの仕事ではキャンパス管理に関わる可能性も当然あるので、そのような観点からも勉強になることもありました。

来年2月にはまた立命館で学生FDサミットを開催予定ですが、できるだけ早く「立命館のイベント」を脱皮して「大学界のイベント」へとしていくためにも同じ分野に興味を持った学生同士、今後も切磋琢磨していけたらと思います

高いところから失礼します。

091202皇居を上から
皇居を見下ろした図です。

先週末は大手町の高いビルに行ったりしていました。
今年の立命館と山形大学の学生交流の成果発表会と両学長との討論会でした。今年は交流メンバーには入っていないのですが、最後だけちゃっかり参加です

前半は交流学生のみなさんの成果発表を聞き、後半は討論会でちょっとだけ発言、とこのために東京まで呼んでもらって申し訳ないぐらいの仕事しかできませんでしたが、個人的にはかなりありがたい遠征でもありました。
まずは、昨年はお会いしなかった山形大学の方々との交流。そこで先生がおっしゃっていたのは学生にとっておもしろい授業だったら学生にも反応を示してほしい、ということでした。
先生に授業を良くしろというばっかりではなく、先生と学生双方と(陰ながら職員も)で良い授業を創っていくのが必要なことだと思います。

また昨年の学生交流メンバーで今は霞ヶ関でお勤めの先輩とも再会できました。同じ大学を卒業して東京で働く人のつながりは頼もしいです。
贈賄で捕まらないように気を付けます笑笑

さらに1年ぶりにお会いする山形大学の結城学長と立命館の川口学長にも挨拶することができました。
川口学長には来年から大学職員になるということもお話しして「今後ともよろしくお願いします」という締めでした。
山形大学・立命館ともに来年からライバルということになりますが、競争ばっかりではなく共生・共働も必要だと思います。そういう意味でもこういう場は貴重な機会でした。

岡山大学i*See2009

9月22・23日に開催されたi*See2009(岡山大学学生・教職員教育改善委員会主催)に今年も参加してきました。
i*See2009

今回のテーマは1日目が「学生主体の教育改善活動について」、2日目が「職員が参加する教育改善活動について」でした。
職員になる前の最後の学生生活中の僕にとっては実にタイムリーなテーマ設定で特に2日目の職員に関する話題で興味深い議論に参加することができました。


1日目はアイスブレイキング的に学生のグループで学生生活について話した後に、全体で大分大学・札幌大学・立命館大学・岡山大学の学生から取り組み紹介とシンポジウムでした。
大分大学はプロジェクト型学習、札幌大学は学生FD委員会の活動、立命館は学生FDスタッフの活動、岡山大学は教職員教育改善委員会の活動の話題でした。
立命館は2回生のスタッフが担当して、「活動紹介」と言う名の宣伝活動をさせていただきましたうしし笑 この2日間で「2月の学生FDサミットもよろしくお願いします」と何回言ったことか…(笑)
本題に戻りまして(笑)、他の大学の紹介では、札幌大学の学生FDの取り組みを教えてもらうのが初めてだったので印象に残りました。学生と教職員が大学について気軽に意見交換をする「サツトーーク」など実行されていて、それも盛況なように見えました。

2日目も立教大学と同志社大学の取り組みに関して今度はそれぞれの職員さんからの紹介から始まりました。
その後は学生・教職員合同でディスカッションしました。様々な話が出ましたが、印象に残っているのは、学内の情報整理も職員ができる教育改善の一つということでした。大規模な大学になればなるほど、各部署が企画した課外プログラムの情報が混乱しているという実態があるようです。こうなってしまえば学生側もフル活用するのが難しくなるので、各部署の情報をまとめて学生がわかりやすくするだけでも効果は上がるのではないかと言うことです。
さらに、職員が学生の実態をより把握するためには学生との距離を近づけなければならないというところから事務室前に職員紹介ボードの設置という話も出ました。病院や居酒屋のスタッフ紹介のように、顔写真・担当・趣味・今日の担当者などを掲示し、学生が職員を身近に感じてもらうところから始めるという議論でした。

今年は教育改善に向けて具体的な議論が非常に多く、密度の濃い勉強になる時間でした。


帰りの岡山駅では…
090923岡山駅の混雑
シルバーウィーク最終日ということでこの混雑かおまる
指定席で良かった…苦笑い

「学生FDサミット2009夏」を開催しました!

090828学生FDサミット前日準備
学生FDサミット2009夏~大学を変える、学生が変える~
を8月29・30日に開催しました。
初開催とあって不慣れな点、想定外な点などいろいろありましたが、何とか日程を終えることができました。
参加していただいた26大学100名の皆様、本当にありがとうございました。

最も大人数でのグループ参加してくださったのが偶然にも来春には私の職場となる大学でした。
教職員の方はもちろん大学の宝・財産である学生のみなさん6名と入職前のこのタイミングで友達になれたのは普通はできない貴重な経験でした。単なる偶然とは思えないこの御縁に感謝感謝です。

「継続性」をテーマの一つに掲げる学生FDサミットなので次は2010年冬に開催予定です。
プログラム等改善できる点は多々ありますし、私個人としては新生活目前であることもあり今度はどこまで深く関われるかもわかりませんが、必ず開催します。
次回のサミット、そして立命館大学学生FDスタッフを今後ともよろしくお願いします。

立命館大学学生FDスタッフ 平野優貴

学生FDサミット2009夏

明日からに備えて!

明日からの学生FDサミットに備えて…
090828学生FDサミット前日交流会
前日京都入りの参加大学の皆さんと交流を兼ねた飲み会を開きました絵文字名を入力してください 学生20名、先生2名の計22名で店貸切に近い雰囲気でした。
立命館のスタッフ以外に山形・法政・北九州市立とプチサミット状態で、久しぶりの人、初対面の人とも一気に距離を縮められて明日からのサミット本番に向けて良い時間になりましたにっこり
(写っている誰からも掲載許可を取っていないので画質を落としています。)

全国の26大学の方と交流できる学生FDサミットは僕にとっても他の大学の良いところを知って勉強する絶好の機会ですし、もし立命館に他の大学よりも進んでいるところがあるならばそこを盗み取っていただいて切磋琢磨していくことが、学生の成長により貢献できる大学の実現、大学力の強化につながると信じて、主催者側ではありますがこの2日間を楽しもうと思います。
090828学生FDサミット前日準備






FDバナー

明日からサミット!

さぁいよいよです。
明日・明後日学生FDサミット2009夏~大学を変える、学生が変える~開催です
東北から九州まで26大学から約100名の学生、教職員の方に参加していただき、まだまだ暑い京都・衣笠の地を熱くしますよ絵文字名を入力してください

学生FDサミット2009夏のスタッフTシャツ
うえ今回のスタッフTシャツ。手作り感満載の本当に手作りです。(笑)
他のスタッフにもまだ見せていないのですが、ここで先に載せちゃったうしし
ちなみにこのTシャツの色はイーグルスのクリムゾンレッド!ではなく立命館のエンジ色です苦笑い


FDバナー

暑い熱い夏にするべく…

学生FDサミット立て看板
当日がいよいよ近付いてきた
学生FDサミット2009夏~大学を変える、学生が変える~
現在準備鋭意進行中です

大勢の方から参加申し込みをいただき、本当にありがとうございます。
暑い真夏の京都に負けない熱い2日間にするべくもっと気合を入れて準備に取り組んでいきますムキッ

非常に夏らしい衣笠キャンパス、写真左の丸い建物がオープニングの会場となる創思館です。
衣笠キャンパス
衣笠キャンパスのシンボルと言われることもある時計台のある、存心館の4階から撮影したのでもちろん時計台はこの写真にはありません絵文字名を入力してください


FDバナー

 | HOME |  »

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード