ひらのーと

≫2012年12月20日

高松VS金沢、良いプラン緩募!

早いもので12月も20日。
結構リアルに年内にやっておかないといけない仕事、やっておきたい仕事を見つめては挑戦と妥協をする時期になってきました。
また、今年はなぜか?ちょっと早めに大阪に行く年末の予定を組んでいたので横浜で過ごす2012年もあと1週間ほどだったりもします。寂しい~_~;

そんなこんなでまた長距離移動をするわけですが、私の今の生活だと年末年始が1年で1番ゆっくりと贅沢な時間の使い方ができる期間で、18きっぷ日和です。
47都道府県到達を達成してしまい、次なる目標が「47都道府県で献血」となった今、普段なかなか行けない県の献血ルームを訪れる絶好の機会です。
いろいろ考えました。

条件は
・ムーンライトながらで大垣に朝に着き、18きっぷのみで移動してその日のうちに東大阪にたどり着けること。
です。
時刻表とともに妄想旅をして、候補に上がったのが高松。
新快速を大阪で下りず終点まで貫通。あえて播州赤穂経由で岡山に向かい、さらに乗り換えて瀬戸内を渡る。
大阪を大オーバーランして海まで越えるあたりに何とも言えない浪漫を感じてしまったこの経路。
駅前で仕事をしたことしかない高松で献血ルームを求めて街中を散策できることもあいまってもはや20時に当確!なぐらいのプランでした。

が、昨日ぐらい急に現れた対抗馬が金沢。陸路では関東からなかなか行きにくいところですし、冬の金沢も良い雰囲気出してそう。
ぼんやりと魅力を感じ始めているのです。
たぶん、当日朝の大垣か米原での気分で決めるんでしょうけど、どっちが勝つか自分でも楽しみになってきました(笑)

そこで!
高松・金沢のどちらでもそこまで深い思い出のない平野にどうか救いの手を、いや救いの情報をm(_ _)m

どうせ気まぐれな旅なので、まさか急募はしません。あくまで緩やかに、緩募します。
気が向いたら教えてやってください。
ここまでやって当日の気分で全然違うところに行ったらすみません(笑)

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード