ひらのーと

≫2013年02月

代官山での大失態

先日初訪問した代官山の蔦屋書店で今日はデスクワークwithコーヒーのデビューを見事達成しました。
コーヒーの飲めるデスクのある本屋さんなんて天国じゃないですか♪

しかし、ちょっとミステイクが。
店内に入っているスタバでコーヒーを買うのもアレなので、スタバのタンブラーにコーヒーを入れて持参して「そこのスタバで買ってきた」風の動きをしようと思っていましたが、そのタンブラーを忘れる。
当然、コーヒー持参もできないのでしゃーなく、スタバで購入。
2013_02_27_19_52_18.jpg

すると、今度はこの小さな穴から飲むタイプのフタ!
猫舌がこんなんで飲んだら絶対舌ヤケド!
普段なら豪快にフタを外して、香りとともに楽しんでいるように見せかけるのですが、さすがにこのおしゃれ空間でそれをやるのも…

まさかの二重大失態!(苦笑)


ひとまず本格的に蔦屋書店デビューですわ。



おっと、こんな無駄話をしていないでちゃっちゃとミニシンポの資料作ります(^_^;)


クリエイティブ脳

昨日は池袋で私用のあと、せっかくなので環境を変えて久々にカフェで志事をしてきました。
土地勘のあまりない池袋で無線LANと空席を兼ね備えたカフェを見つけるのは少々骨が折れましたが、その分なかなか充実した時間でした。

今は来月のミニシンポに向けて宿題をもらっているので、これまたかなりの期間ぶりに脳のクリエイティブな使い方をしている実感がありました。

日頃からEvernoteに溜め込んだひらめきを形にするという作業だけでもその感覚は非常に大きいです。

やはり知識やひらめきの類は1度ではなく、2度3度意識するのが重要なようです。

果たして「未然」なのか

よくある警察密着24時の番組が放送されていました。結構好きなので見ていました。

ある県の白バイ隊員に密着していました。
この隊のモットーは「事故を未然に防ぐ」、その隊員は高い運転技術と冷静な人柄でエース級とのことでした。

その取締方法はというと、普通に運転していては見えない道路の外から監視し、速いと思われる車を発見したら本線に合流、追跡しながら速度測定をしてサイレン…というよくあるパターンです。
確かに隊員の技術は高いし、人柄も良い。「取り締まりが命を守る」という理念を持っていらっしゃいます。

仕事をするなら何らかの理念は絶対になくてはいけないと思っていますので、この隊員さん個人は素晴らしいと思いますし、非難するつもりは全くありません。

ただし、全国あまねく行われるであろうこの取り締まり方には多いに疑問があります。

果たして「未然に」事故を防ぐ最善の手段でしょうか?
例え素晴らしい隊員が速度違反を捕まえようとも、速度違反の事実は変わらず、かつ捕まえるまでの間や追跡されてから逃げようとしてさらに加速する可能性も否めません。
さらに24時間365日監視しているわけでもないので、法律という最も公平でなければならないものの罰則適用がやっぱり不公平だと思うのです。

なら何が最善の「未然」か?
速度超過が発生しやすい場所もわかっていて、そこで隠れて監視するなら代わりにド真ん中に制服で立っていかにも「取り締まりやってまっせーー」というサインを送っていれば1台ずつ止めるより効率的に車の流れ速度を下げることができるのではないでしょうか?
摘発・罰金徴収はできないですけど、同じマンパワーで効率的なこの方法はどうでしょう?何かできない理由はあるのでしょうか?

免許を取る以前から持っていた疑問で、交通取締を信用できない理由がこれなのです。

ワイルドに。

不慮の事故によりスマホさんが重力に身をお任せになりました。

ワイルドだろぉ~(旬が完全に終わる前にしがんでみた。笑)

幸い機能面は無傷。このスマホのWiMAXのみに依存している我が家のネット環境は維持されました。ガラス破損だけです。
auのサポートに入っていたのでまるまる再購入なんていう憂き目に合わず済みました。
2日後に同機種同色の新品が届くようです。

中身のデータは基本的に全てクラウド化済みなのでアプリやおサイフケータイの関係を再現するだけで元通りになりそうです。
「(物理的な)物の整理なんてできない・しないくせに心配性」という人にはクラウドなど夢のシステム。便利な時代に生まれて良かった。

よくコントに出てくるような、まずいものがバレて携帯を逆パカされたり、焼かれたり、煮られたり…という刑もこれからの時代は何の効力も持たないということですな

電子マネーがまた増える(笑)

現在使っている電子マネーは
nanaco・edy・Suica・Quickpay・PiTaPa(関西に行った時限定)
と多岐に渡ります。
いずれも同じクレジットカードから引き落としになっているので結果的に家賃を除く支出の大半がクレジット払いにできる(=ポイントがたまる)という便利な時代です。

一方で、それぞれが役割を果たし、飽和状態になっています。
さらに所有電子マネーを増やすなどということは考えてなかったのです。
が、ベイスターズからこの発表↓
2013年度より会員証に電子マネー「WebMoney」を搭載 本会員証ではチャージ金額の1%が自動的に増量

すんません、正直なところ、
「WebMoneyってどこで使えんの?」
ここはノーマークでした(~_~;)
まぁ与えられることは決定していますし、ハマスタで使えるようですし、チャージ額に1%上乗せしてくれるというし、既存の他の電子マネーとの住み分けを考えないといけませんね。

ディナー

献血で本日のディナー獲得!笑

これはうまそう。

今日は覚えている限り自己最多の血小板5サイクルでした(1サイクル=血を抜いて血小板を取り出して血を戻す)。
サイクル数は需要量や体調、血の濃さで決まるそうで、日常生活でなかなか無いぐらいベタ褒めされるレベルの「良い血」の私は基本的にサイクル多めだと思います(笑)
やっぱり、さすがに長かった(^_^;)
そのことをえらい謝られましたが、こっちは好きでやっているので存分に生かしてくだされ(^_^)ノ

ちょうどテレ朝で再放送していた相棒は月本幸子シリーズ。何度見たかわかりませんが、飽きないのが不思議です、右京さん。

カレーの相棒はハイボールかな

ではでは。
来週は仕事の都合で都内宿泊がポツポツ入るので備えます。

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード