ひらのーと

≫2016年12月

20代最後の挑戦(かもしれない)。

2016年も残すところ数時間。本年もこの「書き散らかしている」という表現がしっくりくるであろう個人の記録・考えの表明のブログをご覧いただきましてありがとうございました。

さて、来年少し新しい挑戦をすることになりましたのでご報告しておきます。
20代最後の挑戦になるでしょうか?
2017年度から
法政大学大学院 経営学研究科 人材・組織マネジメントコース
に進学することになりました。


口述試験では想像をはるかに上回る滅多打ちで、
次回の試験に向けて考えを練り直していたのですが、想定外の合格でした。
このおかげで、研究計画の甘さ、また経営学という学問で研究することの必要性など詰められていなかったところに気付かせてもらいました。

これまでも、大学職員という職業を拠点にしながら学会や研究会の参加などしてきましたが、やはり大学職員 兼 大学院生として研究活動に取り組んでみたいという思いが出てきました。

もちろん、それだけで寝る間も惜しむことにはなるのですが、長い人生から考えれば短い期間です。せっかくなので研究成果以外にも、自分の「話のネタ」「記録」としても経験値を積んでいきたいですし、こちらのブログでも兼業大学院生の生態という観点で少しは「とりとめ」があるようにしていければと思っています。

今はそう思っていましたが、来年思っていなかったら、あるいは忘れていたらすみません(笑)

2017年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

お金のことよりも不安

台湾でたんまりとため込んだ腰の張りを治療してもらいました。今年最後。

12月中旬から始まった治療なので2016年の医療費は合計数千円程度の大した額ではありませんが、もし長引くのであれば2017年はそこそこまとまった額になるかもしれません。
次回以降は人生2度目の医療費控除に備えて念のため領収書を集めていくことになりそうです。
普段は交通費はかからないけど、何かで定期券の切れ目が来たらその時だけ交通費もかかるとか、腰とは関係のない通院や薬代も領収書をきっちり取っておくとか複雑。
お金のことよりも、本来なら真っ先にデータにしてしまうような領収書を1年間地道に貯めていくなんていう離れ業をやれるか今から不安で別の病気になりそう……笑

前回の10万円超えというのはレーシック手術一発で超えたもので、おかげさまで健康体のため薬の購入もほとんどなかったためほぼ一案件の書類を揃えるだけで済んだのです。
ふるさと納税の関係で一時期、確定申告をする人になったこともありましたが、それも制度変更で不要になり、この辺の作業はまた疎くなっていたところにやってくる試練。
ああ、病みそう(二回目)

税金関係の手続きを毎年きっちりやられている個人事業主の方は見ていて本当に尊敬します。
サラリーマンも全部自分でやるのが本来あるべき制度の形なのでしょうが、現実的にはなかなか難しいですね。


(余談)
国の方でじわじわ進んでいる「副業禁止」の廃止の流れが本格化したら税金関係の制度も大きく変わりそうですね。
給与外所得年間20万円なんてその気になれば簡単に超えるでしょうし、そもそも給与所得という概念が崩れてもおかしくないですからね。そう考えれば今からサラリーマンも社内の清算以上の領収書管理能力を身につけておいても損しないかもしれません(得もしないかもしれませんが)。
いや、私だけが極端に欠如している能力かな?笑

PTA

2週間前に行きつけにさせてもらって以来、年間130回ペースで通っているお店にて、昨夜は地元小学校のPTAの望年会になぜか参加。
ほぼ全員初対面ですけど💦笑

現役のお父さんお母さん、お父さんのOB、さらには現役児童も参加していて「やっといて~」とDSを渡されて一緒にゲームをやるなど楽しい3時間でした。
これは私にとっては新しい世界ですね(笑)

年内にもしかしたらあと1回ぐらいこの店にお邪魔して、年明けも1日から行くっぽい(笑)

さぁ、どこまでご縁が広がっていくでしょうか😁

私はブラック企業ですか?

初めましてのHUAWEIのお店@銀座

このところ、
①画面が突然消える(たぶんスリープ&消灯の状態)
②再起動のつもりで長押し
③画面点灯、シャットダウン開始(たぶん②がシャットダウンの動作になっている)
という症状が出てきたMatebook検査入院です。
結果、新品交換になりました。

等間隔で同じ症状が出て1年で3回新品交換したM社の○urfaceは品質以前の問題で論外としても、
超安定運用していたMatebookまでもが半年たらずで異常発生とは、PCにとって私は相当なブラック企業なのでしょうか?笑

仕事(業務のメールチェックや軽い書類作成含む)・学業・趣味とフル活用して国内外どこへでも基本的に帯同してもらうので、PCにとっては
「グローバルな舞台で常に新たな課題に取り組み自らのポテンシャルを発揮できる環境」ですよ。
胡散臭いですか??笑

冗談はさておき、これから課題に取り組めるこの時期に新品交換とは迷惑この上ない話。
Windows自体が最近「?」な仕様変更も多いようですし、いっそのことMacに改宗した方がまともな製品が届くのかな??笑
1回目でHUAWEIに見切りをつけることまではしませんが、約7年自宅で大きなトラブルなく動いているASUSの存在感が大きくなります。

日本人の「ズレ」かもしれない。

祝日朝のJR新宿駅切符売り場で、中国か台湾からと思われる家族連れ旅行客に声をかけられました。
羽田空港への行き方を教えてほしいとのこと。

私もあまり時間がなかったので、ShinagawaかHamamatsuchoで乗り換えることだけを伝えて後はその駅の駅員さんに任せようと思ったのですが、次の質問がTransfer which line?

確かに、JRの料金表で山手線の円だけがあるところで乗り換えと言われても「どの線に?」となるわなぁ……

日本に住んでいると気付きにくいけど、自分が台湾に行った時の事を考えれば不安に感じそうな状況です。

京急やモノレールの4カ国語入替表記で英語ならまだしも中国語や韓国語表記の間は日本人が思考停止せざるを得ない行先表示はやりすぎだと思っているのですが、
料金表の路線図の品川と浜松町の下にHanedaとでも文字が入るだけでも関東各地で外国人が安心できそうに思います。その表記が入ったところで日本人にとっては特に影響はないし。
品川や浜松町までたどり着いて4カ国語表記を見ている人は大方の難関はクリアしてきた人ですからね。

プロ野球選手と野球をした!

神奈川大学の硬式野球部4年生と職員野球部の対抗戦(軟式)が開催されるということで、見学にお邪魔しました。

ベイスターズのドラフト1巡目・濱口投手が所属していますので、試合後にでもちょっと乱入して写真とサインをお願いできればと、すっかりカメラマンモードで行きました。

到着して職員野球部のみなさんにご挨拶すると、
「一緒にやりませんか?」
とまさかのお誘い😅

さすがの私も他大学の非公開行事でプレーしようとするほど図々しくはないので(笑)、まったく想定外でしたがユニフォームとグローブをお借りして何とか野球をできる格好に。
これで来年ハマスタで自慢げに
「濱口と野球やってん😉」
と言えます😁


後半6イニング、普通に出場させてもらい、濱口投手と対戦の機会にも恵まれました。
第一打席は対職員モードのためバットに当たり、泳ぎながらファーストフライ。これがエラーとなり出塁。
これで自慢げに
「濱口の球を打ち返して出塁してん😉」
と言えます😁

これだけでもベンチで「この仕事やってて良かった~」と言うほど良い思い出でしたが、
次の打席も対戦のチャンスがありました。
この時の濱口投手はピンチモードで、
①速いストレート、手が出ずストライク
②速いストレート、空振り
③内角の球、よけてボール
④低めに沈む変化球にハーフスイングで三振
とねじ伏せてもらいました💕
自分が応援しているチームの選手にねじ伏せてもらうというのもなかなか快感ですね💕💕笑




その後は職員野球部の納会にもなぜか他大学の人間が一人ぽつんと混じるというなかなか楽しい時間を過ごさせてもらいました。
選手に会えるだけでなく一緒に野球をできるという非常に思い出深い1日となりました。

あたりまえでは?

「1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

1人あたりGDPの話、このところよく見かけますがあまり驚かないんですよね。
私は幸い好き勝手に生きていますが、
世の中全般的に
「出る杭を打つ」文化や
周囲を見て自分の働き方を決める慣習があまりに強く、
(組織プレーの意義はもちろん大きいが一方で)各々が個人の成長やキャリアを考える機会があまりに少ないと感じています。

それはもちろん集団では成果が出ても1人あたりで考えれば伸び悩むでしょ。
むしろここまで個を犠牲にして良く言えば捧げる、悪く言えば任せることができる日本人はすごいなと思います。

プレミアムフライデーねぇ……

「プレミアムフライデー」の月末金曜は3時帰りを : 日本経済新聞

ネーミングセンスや実現性はさておき、気になるのは2点。
①国がやるということは普遍性が求められますが、サービス業の正社員のことをどうとらえているのかな?
②働き方を国から決められることで個人が各々の働き方を考える機会をさらい奪い、管理的・固定的になっていくのは今後目指すべき働き方に逆行しない?

まぁこれは経済産業省の企画ですから、経済を回すことを考えれば一理あるのかもしれませんが、国に言われて一斉に動くことには違和感を持ってしまうのがいつも通りの私の感覚。
働き方休み方には関しては厚生労働省的な部分でしょうし。

ちなみに、
③2月は授業の無い時期ですが、以降のプレミアムフライデーは授業も早く切り上げて良いですか?
というのは考えたけど、文部科学省まで登場してしまうのと、そもそもくだらなくて書かなかったというのは内緒です。

ハード不具合

朝から背中がつったように炎症起こしまして、動けずその場に倒れ込みました。

こんな日に限って朝から荷物を運ぶ仕事があるのですが、確実に使い物になりません。戦う前に逃げます。恥だが役には立ちます。すんません。

急遽、かなり信頼できる前の自宅の近所の整骨院に駆け込…めれば良かったのですが如何せん倒れ込むレベルの痛さなので気持ちは駆け込み、体は歩き込み。
プロはさすがで、30分で歩けるようにはなりました。

1987年式の体だと保証期間が過ぎたのか、ハード面の故障が増えていきますね(笑)

ハマのクリスマス

すっかりクリスマスですな😊




 | HOME |  »

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード