ひらのーと

≫2017年02月

2月28日、キャリアセンターの人のキモチ

明日は3月1日、就活のスタートです。
いや、正確に「多くの企業の採用活動が本格化」とでも言っておきましょうか。
キャリアセンターの人としては2月28日のこの瞬間、真正面から向かってこようとしているとんでもなく大きな波と対峙している、といった感じです。
2月の段階ですでにとめどなく舞い込む個別相談、人見知りで、人と話すのが苦手で、そもそも人生の多くを自分で決めてきて人に相談(自己開示)をするという感覚があまりわかっていない私がよくやれているなと思います。

そんな3月のスタート、実は学生FDサミット2017春(山口大学)が2日に迫ってきています。
一応サミットの「言い出しっぺ」の責任?は感じていますのでそう簡単にスルーすることはできないと思う一方で、そんな時期に職場を空けられるかな?と不安だったところに、登壇のお話を昨年のうちにいただき、えぃっっっ!と早期に3月2日に休みをぶち込んだのがいよいよ迫ってきたわけです。
本当の勝負は開催前日の明日、混沌のキャリアセンターをほぼ定時で後にして羽田にたどり着くまで。 これまでで最も難解かつ負けられない定時帰りがそこにあるかもしれません。
山口の日本酒と温泉を目指して走りますけど(;¬_¬)

就活生のみなさん、最初から「仕事=苦行の対価を受け取る」と決め付けずに、こういう端から見れば「遊んでいるような…仕事しているような…」という生き方を目指してみるのも長い目で見れば良いもんですよ。

東急さん、あの件どうなりました?

ツイートへのセルフツッコミ、忘れずにちゃんと2日目です。笑

#東横線 、時刻表では明らかに5分遅れの状況でアプリを見たら+1分になっているのだが……20分遅れぐらいまでは平常運転だと言い張れば運行情報が変わらない理屈は成り立つとしても、1分単位で情報を出しているアプリで4分の誤差はさすがにまずくないかい??

本日はこちら。
そうなんですよ、非常に不思議な時間のズレがあったのです。
それと、東急といえば3月25日のダイヤ改正の内容がS-TRAIN導入以外は発表されておらず、一部ファンのみなさんのツイートが荒れてきています。

私は鉄道にそこまで強い関心があるわけではないのですが、しかしほぼ毎日乗っている者としては、1ヶ月を切ると具体的な行動計画を考えるのでダイヤがわからないとちょっと支障が出ますね。
またこの時期は定期券の更新や沿線への引越を検討する人も多いだろうに、さすがに1ヶ月を切ったらあかんやろ(^_^;)

セルフツッコミ始めます。

昨日何となく思いついたツイート。

関係ないけど、ついでにもう一アイデア。ブログのネタが散発かつ枯れ気味なので、何気ないその日の自分のツイートをわざわざ引っ張ってきて、解説補足ツッコミ取り下げなどするっていうのやろうかな。これも一度冷ましてから再検討。

自分のツイートにセルフツッコミを入れるというだけのブログネタ。とりあえずやってみますか(^_^;)
TwitterもしくはInstagramのその日1日の自分の投稿からどれか1つを取り上げて、ブログで再度主張するか、もしくは冷静にツッコミを入れる感じで。


で、記念すべき一回目はこれ行っときましょうか。

今日もふらっと飲みに。え?そんな安いの?と思う日もあれば、お?意外と飲んだな?と思う日もあって、今日とかついに食べたものと値段を自己申告したけど、そんなアバウトさが落ち着く(^_^;)

https://t.co/oOLXgDTil7

そうなんですよ、ちょうど良い行きつけってありますよね。
私はこだわりが強いとか、細かいとか思われがちですが、全くそんなことはなくアバウトな生き方ですから、これぐらい緩い方が落ち着くのです。
しかも、このお店を見つけたのが前回の引越直後で、引っ越す前の自宅の結構近所というのがまたアバウトな感じで良いじゃないですか😌

不正行為の「常識」

偶然見つけて拝見したブログより。

大学職員としてたかだか7年の私でも、時々の学生の気質の変化は感じ取れるのですが、
これは衝撃ですね。

「教えて下さってありがとうございました!」と「悪いということを知らなかったんだから」 - Ohnoblog 2

プレミアムフライデーが迫ってきた…

まだまだ先のことと思っていたプレミアムフライデーが明日に迫りましたね。
私の考えは以前に「プレミアムフライデーねぇ……」で書いた通りです。

本学は「経団連や小売りなどの業界団体」に属していないので無事平常通り仕事をさせてもらえます。
「小売りなどの業界団体」に属している企業はまさか社員を帰さないだろうし、これは趣旨としてはどうなんだ?とも引き続き思いますが、
そんなことよりも何よりも、
こうやって国から休みや時短をもらわないと休めない国、逆にこれで多数がその通りに反応する国って何だか気持ち悪いのです。
これは私の祝日反対の考えにも共通するところですが。

PC DEPOTにて待ち時間中に書いてみた。

みなさんは覚えていますでしょうか?
PC DEPOTがネットリテラシーのない高齢者から巻き上げていると炎上していたことを。

実は、私はPC DEPOTの電子書籍の会員なのです。
もちろん納得して契約しています。
現在手続きでPC DEPOTみなとみらい店の店内で待たされていて暇なので、思うところを書いておきます。

まず、高齢者から巻き上げている説ですが、私は利用者としての実感でいうとそんなに悪質か?と思っています。
パソコンもタブレットもスマホも触ったこともないような人が入門するための手取り足取りのサービス体系はすごいと思いますよ。
普通の家電量販店に行っても話が進まないレベルの人でもとりあえず始められます。強制的に契約させられるなんてこともありません。
あるとしたら高齢の客があまり理解せずに同意することかもしれません。一般の家電量販店より間口が広いので契約できてしまうわけですね。
しかし、それは大人として同意しているので本人の責任でしょう。

あと、価格。私は本当に欲しいところだけをつまみ食いで契約しているため安いですが、フルサービスで手取り足取りやってもらうとそれなりの額にはなりそうです。
この点も、価格の決定は需要と供給で成り立つのが基本でしょうし、利益最大化できる価格に設定するのが商売の基本。
それに、私は日常的に時間と金を使い、それだけのコストを支払ってネットリテラシーを獲得しているからつまみ食いができるのであって、そのコストを支払ったことのない人が安心して使おうとしたらそれなりのコストがかかることにも私は違和感を感じません。

以上、PC DEPOTの擁護。

問題なのは、店員が一貫してマニュアル人間であること。
おそらく、私にも初めてパソコンを触る高齢者に対しても全く同じ台本を読んでいます。
すなわち、高齢者以外に対応するシステムと応用力が皆無なのです。
あと、大問題なのがたまに店員が間違えていて私が訂正を入れたりもする。これ、高齢者だったら話が混乱するでしょうし同意の形成の根幹にも関わるので改善してもらわないとなりません。

あとは、スピード感ですかね。
待ち時間にスマホからこれだけの文章を書けてしまいました。

そろそろ、手続き対応が始まりそうなのでこのへんで。

大倉山観梅会

大倉山公園梅林にて大倉山観梅会。

以前はご近所さんだったのに来たこと無かったなぁ。
港北区民の頃より、区民っぽいことをしている気がします。







2017野球参戦計画・結果



無印=予定(よほどのことがない限り行きます)
K=構想中(計画しているけど不透明)
M=妄想中(計画したいけど、もっと不透明)

3月
11日(土) ファイターズ - イーグルス(丸亀・オープン戦)
13日(月) WBC2次ラウンド プールA1位 VS プールA2位(東京)(台湾進出の場合のみ)K
18日(土) スワローズ - イーグルス(神宮・オープン戦)(早退)K
25日(土) ドラゴンズ - イーグルス(名古屋・オープン戦)
26日(日)  ライオンズ - ベイスターズ(西武・オープン戦)M
31日(金)  スワローズ - ベイスターズ(神宮)

4月
1日(日)  スワローズ - ベイスターズ(神宮)K

4月2日以降は決定次第追加していきます。

メンバーシップ型と専門性

昔から「見せ方」がうまいな~と思って拝見している東京経済大学の広告。
今日は見つけたのは企業のジョブ型とメンバーシップ型のことが載っていました。


本題からはずれますが、昨今の日本での働き方論議。
もちろん問題はいろいろあるし、(欧米に倣うのでなく日本なりに)変わっていかなくてはいけない部分があるという意味では反対ではないのですが、
安易にジョブ型の良い点だけを取り入れようとしているようにも見受けられて賛成まではできかねることが多いです。

あまりに唐突に企業での制約を減らす、個人の自由を主張される方がいらっしゃいますが、
メンバーシップ型の恩恵も放棄してジョブ型的な働き方をする覚悟(とそれだけの専門性・能力)をお持ちなのだろうか?
これまでずっとメンバーシップ型でやってきた日本がそんなに急に転換することに実現性を見出しているのだろうか?
あるいは組織に対して権利の主張のみを強くするというのであれば、そもそもそのよう受け身の姿勢で仕事しているのに権利の主張だけをすることをどのように考えているのだろうか?


もはや、どっちが本題かわからなくなってきましたが(笑)、自分が経営学を志すことに何となく納得させられた広告でした。

新しい院長

入試の仕事も一段落し、久々に整骨院へ。
2月から新しい院長になったのです。

いざとなれば医療従事者には絶対に叶いません。
症状がだいぶんマシになり忘れかけていた痛みの元を一発でゴリゴリ。
ストレートネックに対しても「スマホは目の高さで」と改めてアドバイス。

この姿勢、違うところが筋肉痛になりそうだ😂

 | HOME |  »

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード