ひらのーと

≫2017年03月04日

耳鼻科で本当にあった話

①先日からどうも風邪気味(ただし咳はそんなに出ない)。
②飛行機でいつもできる耳抜きがうまくできない。
③指がふと耳に当たった時に水が入っているような違和感と痛みを感じる。
④条件が揃ったため大人の中耳炎か?と不安になる。
⑤とある耳鼻咽喉科クリニックに行く。
⑥待合室が微妙に埃っぽく感じて咳が出始める。
⑦耳の中から細かい髪の毛が見つかり、おそらくこれが耳の違和感の原因だという話になる。
⑧一応耳の検査、奥の検査室へ。
⑨検査室が完全に埃っぽくて咳はノンストップ、鼻水や涙も出始める。
⑩耳は正常だけど、咳を止めましょうと喘息系の処方をされる。喘息系の診断をされるのは人生初。
⑪全ての手続きを終えてクリニックの外に出て深呼吸。
⑫咳が止まる。

ここ、呼吸器系もやっているようだけど、あの埃っぽさは大丈夫か?
もしかしたらあれを埃っぽいと感じるのが私のアレルギー症状なのかもしれないし、確かにごくごくごく稀に特定の場所で咳と鼻水が止まらなくなることがあるのですが(例えば、よりによって前の職場とか笑)、それがヒットする耳鼻咽喉科てどうなんやろか?

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード