ひらのーと

≫2017年04月16日

3年目ぐらいの社員の話

4月から社会人3年目のくすぶっている同期に伝えたい、自信がなくなりそうな時にわたしがやった3つのこと | 株式会社LIG


新卒就活中の学生に言っても伝わらなそうなお話なのでこちらで。

3年目ぐらいだとおそらく仕事、というか会社にいっぱいいっぱいな頃だと思います。
「仕事かプライベートか」、今風に言うと「ワークかライフか」の二極しかなく、また「仕事=会社」になってしまってはいないでしょうか。

かくいう私も4年目ぐらいから
「自分の職業は大学人であって、その大口の契約先が所属大学だ(と自信を持って言えるようになろう)」
と考えられるようになりました。
大学の世界でやっていくという覚悟を決めると同時に業界規模縮小や業務の置換で大学人の数が減ろうともその中で個人として生き残ることを本気で考え始めたということです。
進学を具体的に考え始めたのもこのあたりです。
そのサイクルに入れば、これまでいかに自分が狭い世界にいて無知かということをポジティブな意味で思い知らされ、インプットとアウトプットが楽しくなります。

昨年あたりから、労働者のリスクマネジメントという意味で副業容認の流れが出始めました。徐々にそういう考えが主流になるのかもしれませんが、今の若手社員のみなさんは
「会社という顧客に対していかにレベルの高い労働力を提供できるプロフェッショナルになるか」
を少しずつ考えることをお勧めします。
(唐突にやるとまだ社内で浮くと思いますが…)

それとリンク先本文とも重複しますが、決意したことがあれば気持ちが揺らぐ前に発表して、後にひけなくするのも実行力を高められます。
それで自分の心を揺さぶる具体的なアドバイスをくれる人は自分の決意に賛同してくれていて、先人でもあり、今後の自分に大きな影響を与える人です。

私も決意して発表したことは大学院進学をはじめ(結婚以外は笑)だいたい実現しています。参考まで。

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード