ひらのーと

≫2017年05月16日

やりがいというか、パラレルキャリアというか、なんというか。(兼業大学院生日記4)

先日、ある上司から
「やりがいは何か?」
という問いを受けました。
言われてみれば、学生と話すときは感情はある方だと思いますが、窓口の内側に向いている時は淡々と仕事を回しているところもありますね。

改めて自分のやりがいを考える機会が不意にやってきました。
誤解を恐れずに言うと、目の前にいる学生の笑顔ではありません。
もちろん笑顔になってくれれば嬉しいですが、
自分の目の前の学生というよりも、一人でも多くの学生を生徒からきっちり学生にできる組織を作る方が私にとっては大きなやりがいです。
だからこそ、教職ではなく大学職員という道を歩んでいるわけですね。

さて、上司からの問いに対して何と答えましょうか。
「組織が効率的に動いて成果を上げること」
うん、自己採点はTPO的には95点、本音ベースだと70点の回答ですね。


ふと、考えたことがありました。
大学職員人生において業務が唯一の最優先ではないんですよね。
もちろん、業務時間中は業務最優先ですよ。
ただし、あくまで大学人としての自分の活動の中での大部分かつ数少ない効率的に現金化できるセクター。

もともと大学人としてビジネスパートナーを探すつもりで就職活動をしていたタイプですが、兼業大学院生になって、業務以外の学問の世界とのつながりが大きくなったことで、
業務が大学人活動の「一環」としての色合いが強まっていることに気付きました。

これって、ビジネスパートナーというより、スポンサーですかね?
業務時間は給与という形で私の大学人活動に出資していただいてるので、業務時間中は業務最優先でスポンサーのベストになれるように尽力しますよ。

何だかすっきり説明できてしまったな。

いわゆるパラレルキャリアにも近い考えですかね。

一般企業にお勤めの方だと、大学院生として学業に接触してどのような感覚なのか想像が難しいところですが、ずっと大学にいる私だとこんな感覚になってきましたね。


こういう日常の何気ない一人ブレストからも研究テーマになるかもしれない考えが出てくるのも、経営学のおもしろいところ。
その先(研究方法等…)にどうやってつなげていくかなぁ…

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード