ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

三久(門前仲町)

大阪の玉造に酷似した雰囲気を醸し出す門前仲町で東京の洗礼を受けてきました。
大阪人的には「永遠の未知の食べ物」、もんじゃ焼きです。
100627もんじゃ焼き(門前仲町)
水の分量を間違えたみたいにしゃばしゃばな汁に浸かる野菜のボウルを出されるという衝撃の出会いでした
野菜で土手を作って焼く、と言われてもそんなことができるわけはなくしゃばしゃばな汁がどんどん広がりました。
おまけにちっちゃいこても全く使いこなせず、結局お好み焼き用のでっかいこてを使って汁の流出を防ぐゲームみたいになってしまいました。

で、食べるタイミングもきっと「しゃばしゃば」が「ぐちゅぐちゅ」になったぐらいが正解なんでしょうけど、それだとどうもアレなんで、ちょっと焦げが付くぐらいまで焼いて薄っぺらいお好み焼きにしてから食べていました。

結論は「タダでは大阪の魂は売らんでではなく「誰か東京人を連れていくべきやったでした(笑)

ちなみにこのお店は入り口がわかりにくいところにあるためか、某大物コメディアンやスワローズ・イーグルスの選手もお忍びで来るような店ですし、もちろんお好み焼きもあるので、「平野のお忍びリスト」には登録しておきます

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1106-b26d0df5

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード