ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

We are シンセキ!

今日は昼からおでかけ
三鷹から西へ15分ほどの立川を経て、さらに北へ15分ほどの東大和です
字面は似ていますが東大阪ではなく東大和
非常にのどかなところで野菜の無人販売もありました。
101107東大和

101107東大和

そんな東大和をはるばる訪れた目的は東大和市公立小中学校PTA連合協議会講演会です
101107シュウさん講演会(東大和)
何と講師がレモンさんこと、山本シュウさん
PTA会長5年、顧問7年の活動や大学の非常勤講師の経験から教育に造詣の深いラジオDJさんです。
それだけではなく、シュウさんの「We are シンセキ!」という言葉を知らなければもしかしたら大学職員という職業を選択していなかったかもしれない、それぐらい影響を受けている人物です。
101107シュウさん(東大和)

今日は小中学生のお父さんお母さん向けの講演でしたが、根本の部分はみんな共通。
大学生や配属先によっては中高生と向き合う職業をしている僕にとっても勉強になる話ばっかりでした。

特に印象的だったのは、
「心は心を引き寄せる」話と
「心の鍋」の話でした。
「心は心を引き寄せる」は愛を持って人と接すれば愛が返ってくる、当然憎悪には憎悪が、情熱には情熱が返ってくるということです。
「心の鍋」は人の心にある鍋を愛の火で熱し続ければ鍋の中身は温かく沸騰する。
冷たくすればその人は冷たいことを平気で言う。
憎悪の氷を入れ続けたらその人は凍り付くようなことを平気でする。

何度も言いますが、子育てに限らず対学生、対人、すべてにあてはまることです。

普段からラジオでシュウさんの話は小出しで聴いていますが、直接一気に聴くとやっぱりシュウさんの「グルーブ・バイブス・波動」はすごかったです。

明日からもシンセキにを伝えていく。
それが仕事ですわ

We are シンセキ!


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
↑大学教育関係のいろんなブログに出会えます。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1233-aaa344f8

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード