ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

哀しいかな…そういう性分(笑)

1月10日、本日成人の日!新成人の皆さま、おめでとうございます。
今後とも一緒に幸せになっていきましょう。

さて、1月10日ということは、ついこないだまで正月だった2011年も残すところ355日となってしまいました。
次の年末年始の旅をそろそろ考え始める時期であります。

というのはもちろん冗談でして(笑)、2010年から2011年にかけての年末年始、すっかり心を奪われてしまったものがあります。
MBSラジオで放送されていた馬野雅行アナウンサーの特急日本海での年越し夜行列車レポート
鉄分たっぷりの馬野アナウンサーならではの旅情あふれるレポートに旅好きな私はすっかり虜。笑
その証拠として今日も朝からこんな動画↓を検索しておりました。


確かに昨年末の東北新幹線新青森駅開業もあって、青森は今熱い街の一つです。
47都道府県全ての土を踏んだ私は当然、青森にも青森駅にも行ったことはあります。
しかし、最後に青森を訪れた大学2回生の時には、若さゆえに感じられなかった「旅情」がもっとあったのではないかという感覚にも襲われています。
そんな中に聴いてしまった、馬野さんの日本海レポート。そら、実際に乗ってみたくもなります。

でも、日本海は大阪からその名の通り日本海側を通って青森まで走る列車。
東京は通っていません。
となると、青森経由で大阪に行き来する。これが答えです(笑)

野球の遠征を除く、いわゆる「ぶらり一人旅」はぼちぼち打ち止めにしようかとも思っていたところですが、早くも旅欲求再燃。

次に比較的ゆっくり時間を取りやすい時期となると夏です。日本海の運行経路の過酷な気象条件を考えても、一番計画通りに旅を進められる可能性が高いのは夏です。
しかし、やっぱり真冬の方が青森ならではの旅情も出るでしょうし、馬野さんとは逆経路になるものの、青森→大阪の年越し夜行列車体験をしてみたいのも、また事実。
しかも、「大晦日の朝一に新幹線で青森入り、一日観光して夜の日本海で大阪へ」という経路も容易に思い付いてしまいました(笑) この経路やったら乗車券も「東京→(新青森経由)→大阪」と「新青森⇔青森」の往復だけでいけるやろうし。
あ、でもやっぱり「終着駅に着いたら、そこは真冬の青森」というのも捨てがたいなぁ(笑)


結局、年は変わっても性分は変わりませんなぁという日記でした。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1307-2ee5a262

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード