ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

学生FDのひろば

京都駅前のキャンパスプラザ京都にて「学生FDのひろば」が開催されました。
立命館学生FDスタッフ主催の新企画で、各大学団体での参加を前提とした「プチ学生FDサミット」のようなイベントです。

本学からの学生・教職員の参加はありませんし、団体参加が基本となっているので私も参加は見送るつもりでいました。
そんな感じで上阪前日を迎えたところで、立命館学生FDスタッフの生みの親である先生(つまりは私の大師匠でもあり、私を大学業界へと進ませたA級戦犯でもある(笑))からお誘いメールをいただき、
ちょっとだけオブザーバー参加することになりました。

議論の部分には全く参加せず、最後のグループごとの発表の部分のみの参加でした。
当然イベント全体のことはわかりません。しかし、間違いなく感じたのは参加者のレベルが高い!
学生の参加者も各大学で何らかの学生FD活動に参加しているだけあり、濃い議論が行われた空気はひしひしと感じました。
中でも特に印象的だった意見は「教員や職員との壁を感じる」というもの。
こちらとしては壁なく接しているつもりでもやはり学生からすると、特に何らかのスタッフ等で継続的な関わりのない学生からは壁を感じられているのかな…と今後の改善点が見つかりました。

それに、各参加者の顔ぶれを拝見して、初めてお会いする皆さんが多いというのも感じました。
これは下級生への世代交代がきっちり行われているということでもあり、新しく何らかの学生FD活動を始めた大学が増えているということでもあります。
この点は非常に心強かったです。

やっぱり西日本の大学はいろいろ取り組んでいます。
東日本も負けていられません。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1347-e2695599

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード