ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

【アイデアください①】マメモVSスマホ

仕事・プライベート・中間問わず、ペーパーレス生活を目指しているのは今に始まったことではありません。

今ターゲットにしているのはメモです。
講演などを聴くときのノートのようなものではなく、電話で内容をメモるような本当の「メモ」です。

現在、職場では不要なA4用紙を4分の1(A6サイズ)にして左上にパンチで穴をあけて、リングを通した束を個人のメモとしており、不要になれば、店頭設置されている「山崎春のパン祭り」応募ハガキの要領で引っ張って束から外し捨てられるようにしています。
しかし、これがもひとつうまいこと行きません。
必要なものを外したらそれがどこかに行き、不要なものが残ればそのままページがめくられて埋もれていきます。
物を収納するのが嫌いで、使う物が常に手の届く範囲内にある状態をこよなく愛する私にとってはやはり紙の管理は至難の業です。
そこでマメモ導入を検討するのは自然な流れです。

しかしながら唯一かつ最大の障壁がマメモがシンプルな電子文具である点です。
どちらかというと、デジタル最大活用でない人が気軽に使えることをコンセプトとしていると思われ、当然メモのワイヤレス転送機能など付いていません(メモリーカード経由のみ)。
書いたメモがそのままPCやスマホに飛んでくれればかなり活用の幅は広がるのですが…

なら、スマホのアプリで対応してみようかと考えるのですが、ペンの反応がマメモほど繊細でなく、筆跡もうまく反映されません。
このあたりマメモはさすが、専門文具です。

ペーパーレスを優先してマメモ導入か、スマホでも反応の良い手書きメモアプリorペンを探すのかどうしたら良いでしょうか、相談員の皆さん、ひとつよろしくお願いします。


ということで、悩んでいます。
四角い仁鶴師匠でなくても、まぁーるく収められる意見でなくても良いので(笑)、ナイスアイデアやおススメアイテムがおありの方ご教示いただけると助かります。コメント、Twitter、facebook、電話、メール、郵送、直接口頭、伝書鳩、テレパシー、自宅前で待ち伏せ、メッセージ付き吹き矢etc…方法も問いません(ただし、うちの家にないFAXと精神的ショックが大きい10円玉で車に書いて伝える、というのは避けてください笑笑)

よろしくお願いしますm(_ _)m

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1530-6cc4d14e

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード