ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

紙とデータの戦い

作家・漫画家さんたちがいよいよ書籍スキャン代行業者を訴えるそうですね。

著作権云々という話はもちろんわかるのですが、合法か違法かの判断はさておきスキャン代行がビジネスとして成立しているということは、それだけ電子書籍の需要があるということであり、出版元のレベルでの電子書籍市場が確立していないということの現れだと思います。
ぜひ本の形で持っておきたい書籍もあれば、データの方が有意義に使える場合も当然あるわけで。

これでもし、作家・漫画家側が勝ち、スキャン代行が違法だと明示された場合、しかしながら読者の電子書籍欲求は当然変わらないわけで、次に何を考えるかとなるとスキャナーと裁断機の自前での確保です。
スキャナーはすでにあるScanSnapで良いとして、裁断機は手軽に個人所有できるものが開発され、普及すると予想できます。

となれば、結局読者の手元には書籍のPDFデータが残るわけで、要は今と変わらない。著作権の観点から考えると違うのでしょうけど、一冊の本からPDFデータが作成される点では同じ。むしろ一度自前で設備を整えてしまえば気軽に大量生産できます。
代行業者が儲かるのか、スキャナーと裁断機メーカーが儲かるのかの違いです。

新しいビジネスモデルを確立しろ、と言ったところで複製できるのが電子データの特徴ですし、おかしなコピー防止処理をしたところで、かつてのコピーコントロールCDのような結果になるのは目に見えていますし、なかなかのジレンマに陥るところなんですよね。

結果、自前で設備を整えるしかないのかなと思いながら見ていたニュースでした。
その方が制限を受けずに利用できて便利といえば便利ですしね。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1564-4377116c

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード