ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

新しい東京駅の景観に思うこと。

ご存じ、復元工事が終わり装い新たな東京駅。
今日皇居を走っていたのでついでに見に行ってきました。
二重橋からちょっとずつ近付いていきます。
121111東京駅
まだ駅舎は遠いですが、両サイドの樹木の季節感、そして今回の改築工事のわかったようでわからん話「空中権」の話も感じとることができてなかなか好き。駅舎真後のクレーンは気になるもののこれは永久に残るものではないでしょうから触れないことにします。

もうちょっと近付いてみましょう。
121111東京駅
クレーンは先述に同じ、手前のバリケードとコーンも気になるけど、このあたりの異常なまでの警察官密度とこれも植わっているものではないことを考慮してまぁ良しとしましょう。

続いて一気にぐっと接近します。
121111東京駅

121111東京駅
新しいだけあってさすがにきれい!

寄りすぎたのでちょっと引きます。
121111東京駅

121111東京駅
ん?なんか手前がごちゃごちゃ…
ワクワクしてカメラを持って行った割に感動が薄かったの、これが原因なんです。
日本の景観の中で、歴史的建造物や自然を除いた現代の建造物で感動する機会がすごく少ないように感じています。
もちろん日本に住んでいて見慣れているというのもあるでしょうけど、こういう景観を売りにしてるような建造物でさえ、前がこれだけごちゃごちゃしてしまう。
土地が狭いのもわかるのですが、お金と時間を使って復元しておいてこれはないでしょう…というのが正直な感想です。
121111東京駅
東京オリンピックいらんわぁ(開催するというのも個人的には反対ですけど、今日言いたいのはそれではないです(^_^;))
これが日本的(アジア的)と言ってしまえば、そうなのかもしれませんけど。

そういえば、
121111東京駅を撮る人々
写真を撮っている人を撮りたくなってしまう癖発動(笑) しかもこんな大人数でっせ。
この光景も日本的やなぁ…笑

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1708-4ff83298

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード