ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

モレスキン第二波~爆発したい~

新年度、何か新しいことを始めるには実に良い時期です。
だからというわけではないですが、急にモレスキンの導入を検討し始めました。モレスキンは言わずと知れた、もはやカリスマとも言える人気を誇る2~3000円するノート。
人生で2回目、第二波です。


第一波はいつ来たかというと、Evernoteがモレスキンとコラボしたとき。
すでに愛用し「相棒」と言っても過言ではなかったEvernoteが紙との親和性も高めるというので素通りはできませんでした。
しかし、使い方があまり具体的にイメージできず、その割に高い価格もネックとなり、導入を見送ったのです。
それが今、使い方がものすごくはっきりと見えているのです。

もっとも、紙に回帰するわけではありません。自称「人類史に残る紙苦手」である自分の首を絞めるだけです。
シンポジウムやセミナーの聴講時のノートテイクにiPadによるタイピング、Evernoteへの記録を導入して久しいです。記録速度、保存・読み返しの容易さ。これは手放せません。
手書きが必要であれば、書きやすいタッチペンと感度の良いアプリでPDFのフォーマットに手書きで記入をペーパーレスですることもできるようになりました。
繰り返しますが、この便利さはたとえ脅されようとも手放しません。

一方で残る、ぽっかり空いたような感覚。
効率的に記録できるようになり、優等生になってしまった気がします。
ちょっとした気付きの導火線に火をつけて爆発させてみたり、導火線と導火線を結び付けてさらに大爆発を引き起こして見たり、を最近していない。
そうです、芸術は爆発です。

まぁ、それをモレスキンでできるかはわかりませんが、できそうな気はしています。

明日の朝目覚めて、まだこの感覚があればさらに導入が近付きそうです。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1756-bd13eb09

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード