ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

上質なノート

学生に混じってキャリア関係の講演を聴く機会がありまして、聴衆で唯一ビジネスパーソンの私密かに(仕事を忘れそうになりながら)すごく楽しく聴いていました。

そこで出た話の一つ「上質なノートを持ってみる」
高いノートを持っている方が「積極的に書く」習慣が身に付くというわけです。
これですっかり心をつかまれてしまい、講演後に講師の先生とノートの外身(カバーの仕様など)の見せ合いっこ?をしてしまいました。

私はペーパーレス化に命をかけていますので、紙類は容赦なく捨てていると思われています。
実際それはほぼ正解で情報に意味があって紙である必然性がないものはガンガンPDFなりJPGなどにしています。
しかしそれはあくまで「紙である必然性がない」もの。
アイデアをアウトプットするノートは非常に
大切にしていまして、 MOLESKINEを愛用しています。

スケジュール(抜粋)帳、メモ帳、ネタ帳、ビジネスノート、取材記録、落書き帳、アイデア帳、妄想記録、コンビニ払込票ホルダーの役割が混じったカオス状態です。

もちろん普通の大学ノートでも書くだけなら事足ります。
そこにあえて3000円近く出すのは端的に言うと「無くさないから」。
これがもっと高価だと気軽に携帯しにくくなりますが、この程良い負担が私の頭の中で一定の存在感を維持する理由となり、まさに書くモチベーションにもなってくれます。
アイデアを思い付くのと同じかそれ以上に留めておくのが難しいというのは日々感じるところですので、今後も続けていきたいと思います。

とはいえ、普通の大学ノートでも無くさずに使い続けられる人はうらやましいですけどね…笑

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1969-cca918b1

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード