ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

学生FDサミット2014夏(京都産業大学) 1日目

朝から京都産業大学へ。





何と10回目を迎えました、学生FDサミットです。感慨深いとともにそれだけ自分が歳をとったことを明示される回数ですね。


本日のプログラムはオープニング後、休憩を挟み、ポスターセッション、しゃべり場と比較的ゆとりスケジュール。
全国に普及して、それぞれの段階・課題に直面している学生FD活動、なんていうと陳腐な言い回しですが、まさにそんな状況。

「学生主体」という大前提は崩さずにちょうど良い口出しをしてそれぞれの学生たちにどう関われるか。
そういう目線ってシチュエーションは違えど、教職員に必要ですわな。職員目線だと特に課外活動で。
口出しが過度だと、主体性が欠落したりスタッフという名の単なるバイトのようになるし、口出しが過小だと教育効果の役割を果たせない。
まぁおもしろい職業です。法律によって定められた「事務職員」などという甘っちょろい時代錯誤な表現では言い表せない、大学人が考えるべき本質です。

今日のしゃべり場では「大学を良くするには」というテーマで学生さんたちと語り合いました。
みんなそれぞれの大学のことを真剣に考えているし、大学や教職員の動きを見ています。優秀な学生さんたちです。
まぁ、丸い意見ばかりでなく教職員がハッとするような尖った意見も出してくれれば学生参画の意味はもっと大きくなるかなとも思いますが…


サミットのメインイベントこと懇親会ではいつも通りネットワークの構築強化をさせてもらいました。
次のプログラムではもっと踏み込んだ思考にまで入って行きたいなと楽しみにしています。

では、また明日(^o^)/

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/1990-85f306ed

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード