ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

2015年シーズンの応援チームについて

イーグルスから来季の体制について正式発表がありました。
私の考えは言うまでもありませんので、私の予定についてお知らせします。

来季はイーグルスファン「休養に近い状態」となります。

私はかつて愛するチームを失う経験をしました。
それだけに、監督が誰か、あるいは選手の入退団など、個人の動向に左右されず「チームを応援する」というスタンスで応援してきました。
以前に賛同しかねる監督人事があったのも事実です。しかし、そのときも選手が努力するのは変わらないという考えで、参戦試合数微減しながらも応援を続けてきました。
その結果、球団初の日本一という二度と無い瞬間に立ち会えました。
一方でスーパースターが一人いなくなるだけで順位が一気に落ちるという経験もしました。
この原因を考え、反省し、弱者が常勝できる体制を作ってくれるものだと信じていましたが、思いは届きませんでした。
賛同しかねるわけではありません。猛烈に反対です。

これを受けてファンをやめるわけでもありません。この逆境でこそ選手を応援したい気持ちすらあります。

私がお金をかけて球場まで足を運び、暑い日も雨の日も声を枯らすモチベーションは2つあります。
①いかなる状況でもチームを応援したい。勝利の喜びを味わいたい。
②各地で良くしてもらっているファン仲間のみなさんと楽しい時間を共有したい。
このうち①を維持できる自信がありません。
すみません、休ませてください。
勝手な話ではありますが、逆境でこそ選手を応援したい気持ち、そしてモチベーション②を満たす目的でのみイーグルスと向き合いたいと思います。

具体的には関西(大阪・神戸・名古屋・広島のいずれか)と仙台、おそらく各1回程度の遠征で試合数は合計5試合程度になると思います(今シーズンは16試合)。
関東の試合は行かないと思います。
10月に入り、来年の我が家の年間予算を考え始めるのですが、イーグルス関連予算はそれ相応の額に設定しますので、方針撤回も不可能です。そんな状況です。

2015年の私の野球関連のスケジュールはベイスターズを中心に回ります。
さすがにイーグルスを敵に回し、ハマスタのライトスタンドで声を枯らすことはできませんが、試合数だけでいうと今季15試合だったベイスターズがイーグルスを超えるのは間違いないと思います。

苦難を前に逃げるようで申し訳ありません。
信念に基づいて行動します。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2033-39ef88ac

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード