ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

五輪改革

2020年東京オリンピック以降、改革が行われるようです。

①分散開催
開催都市・開催国以外での開催が認められます。
「開催都市以外での開催」って「?」な部分がありますが、財政的な事情あるいはボコボコ新規の施設を建設するのが時代にそぐわないので仕方ないでしょう。

気になるのが名前です。
開催地以外で開催するオリンピックに都市名を冠して良いのか??

今回の改革承認以前に、東京オリンピック招致の段階の計画でも札幌・仙台・埼玉・横浜が入っていて疑問を持っていました。
少し前に多くの外国人はTOKYOとKYOTOの区別がつかないという話が出ていました。
世界に向けてTOKYOと冠して発信するオリンピックにそもそも距離がある札幌・仙台、距離は近くとも文化的に異なる発信をすべき(と私は考える)横浜などがまとめられることには違和感があります。
(かと言って全部東京で賄うのも大変なのでそれだけの大変なことを東京都民が国や他道府県に迷惑をかけずにやりたいのなら東京五輪どうぞ→それは無理なので招致反対という立場でした。)

開催地以外の開催地にとって一時的な経済効果はあるかもしれませんが、長い目で見て本当にそれだけで良いのかなと少し不安に思います。


②競技追加
開催都市が競技追加を提案できるようにもなるようです。
それで野球・ソフトボールの追加が決まったかのような報道が一部でありますが、それは他の競技に失礼です。
世界的にはガラパゴス競技なので慎重に要検討ではないでしょうか。

それと野球・ソフトボールというくくりでやるなら私は反対です。
そもそも違う競技だと思いますし、何より男が野球、女がソフトボールという謎の区分けが理解不能です。
女子野球や男子ソフトボールを壊滅させたいのか?
マイナーなものを排除するのであればオリンピックでやる意味はないでしょう。



しかしまぁ、もし開催されれば遠征族のみなさんが珍しい物見たさで東奔西走する姿が目に浮かびます(笑)

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2076-b347d230

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード