ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

政治の質は国民の質に比例する

「日教組!」安倍首相が突然ヤジ 衆院予算委、自民委員長も困惑 (withnews) - Yahoo!ニュース


この首相がどうとか言うよりも、
この首相を国会で選んだ議員を選んだ国民は誰でしょうか。
あるいはかつてそんな選挙制度にした議員を選んだ国民は…

投票率を考えれば、結局は「政治の質は国民の質に比例する」でしょう。

18歳まで投票権を拡大するのは良いとして(個人的な考えは義務教育を終えれば与えるべきでそこを意識した教育を早くからすべき、ですが…)、
この世代の参政が当たり前になればその後の習慣にもなるわけで、そのために社会あるいは大学の役割は。
しっかり考えなければなりません。


2/20 11:55追記です。
自民党への投票者とそれ以外の有権者を一緒にして批判すべきでないとのご意見を頂戴しましたので、以下私の考えです。

自民党以外に多くの有権者が投票しているという情報は目にしていますが、選挙結果としては投票先とされる割合とかけ離れた結果になっています。
・結果として「国民が選んだ、大勝させた」ということになってしまう制度と投票率の低さの2点を問題視し、
・1回の選挙であってもそこで選ばれた政権の政策が長く影響を与えるからこそ各有権者が持っている「一票」の重要性を考えるべきだという問題提起をする
ことを目的とした文章です。投票した有権者を批判する意図ではありません。
自民党への投票者に対しても批判というよりは「投票が招いた結果、自己責任」という考えです。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2134-79dd6169

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード