ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

「労働」とは

カープの試合がある日は残業なしに 広島労働局が提案:朝日新聞デジタル

ここまでカープに乗っかるか。

賛否両論あるでしょうが、ちょっと真面目な考えを述べると、上から、ましてや労働局なんかから「残業なし」とだけ言われて仕事量が現状維持だから現場にリアリティがないわけです。

人を増やして強制的に終業時間にやるべきことが終わっている環境を作れないのであれば(そんなことできないのはわかっている)、既存のマンパワーで効率的に、かつ仕事をコントロールできる体制を目指すべきでは。
そこまでされると、現場にも効率的に仕事を進める意識が促されるでしょう。
そして、そうやって作った時間で人間が考えなくてはならない仕事に取り組む。

決まった時間に決められた与えられたことをただこなすのがサラリーマン、なんてことを考えていたらサラリーマンは単なる労働力を脱却できず、成長など見込めません。
「労働」に対していろんな考え方があるのはわかっているつもりですが、私は労働は自己実現のツールだと考えていますのでそのような職業観です。

これからの時代を創る新入社員のみなさんはどのような職業観を持って一歩を踏み出すのでしょうか。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASH3V41TCH3VPITB00K.html?iref=comtop_6_03

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2152-11722a14

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード