ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

○○とすれば

神奈川新聞より首相の発言
「沖縄県民の気持ちも傷つけたとすれば申し訳ない」

最近よく聞かれる気がする「○○とすれば申し訳ない」という謝り方。
一般論として、
こんな謝り方をされたら謝られる前よりもイラッとするのは私だけ?

起きている現象に対して、自分が申し訳ないと思うのなら謝る。
(申し訳ないと思っていないのなら謝ってもらわなくて結構)

こんな条件付き謝罪をされたら、誠意どころか場を静めるために謝っている下心しか見えなくなって私なら結果的に態度をさらに硬化させますが、何気なく言っている人多い気がしますね。

場を静めるために戦略的に謝ることは否定しませんし、むしろ自己実現のために必要な事だと思いますが、態度やましてや文字に起こせば客観的事実になる言葉に現しちゃいかんでしょ。



【追記】
上記「場を静めるための謝罪」に対する考え方について自己矛盾があるのは認識していますが、そこは論理では割り切れない微妙な感情・人間関係の部分、とでも言っておきましょうか。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2216-26753a05

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード