ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

そろそろ本当に「社会人」というのをやめたい。

いろいろ相談に乗っていた某氏が本当に同業者になることに。

毎年のように発生するこの現象、今年も例外ではないわけですが、
業界の先輩である松宮さんがちょうどタイムリーなことを書いていらっしゃったので共有させていただきます。

4月から大学職員として働く人に伝えたい3つのこと - 松宮慎治の憂鬱

また、下記の点は近いところで私が常々疑問に思っていることです。
・「ビジネスパーソン」=「社会人」というのはおかしくないか?いわゆる「社会人」でない主に学生は社会から切り離された仙人のような存在なのか?
・少なくとも学生に教育を行っている大学の人間が「学生気分」を絶対的悪として捉えるのは自分たちの「商品」(提供しているサービスやリソース、学位など)を自ら冒涜することではないのか?
・と言うか、みんな学生の時ってそんなに楽してたの?
・学生的なライフスタイルとビジネスパーソン的なライフスタイルが異なるのは事実なのでその違いとバランスを教えることは重要だが、どちらか一方を捨てるよりも両刀使いの方が生み出せる価値の量や質が最良の状態になるのではないか。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2302-5b79bc53

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード