ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

子供の写真

先日、ひらくPCバッグにカメラと手土産の米を持って友人宅での忘年会に行ったときのことです。

その家には生後半年とちょっとの子供がいます。
私のバッグにはカメラがあります。


はい、ご想像の通りです。
それはそれは撮りましたね~

家に帰ったら共有フォルダはもちろんのこと、丁寧に1枚ずつ確認して良い写真だけ残して全部補正をかけてまた綺麗にするという普段しないようなことをしていましたね~~

それでも飽きたらず、引き伸ばして印刷して額に入れて送ってましたね~~~
率先して写真を印刷するのはほぼ人生初。額を買ったのは完全に人生初。

甥姪が生まれておじ馬鹿おば馬鹿になる人はよくいますが、友人の子でこれですよ(笑)

前々から「自分の子供の写真はしっかり残しておくべし」と言われていますが、人の子供の写真もしっかり残していくことになりますね(笑)
この日は5世帯参加、うち3世帯が結婚済みでこれからも子供は増えていきます。スタジオヒラノフル稼働になりそうです。

たぶんこの世帯間は子供達も交流していくことになるでしょうし、いずれは結婚式とかにも平野のおっちゃんも呼んでもらってそこで写真を使ってもらったりしたら、カメラ趣味冥利に尽きますから、どんどん撮っていきましょう。

今回やってみてわかったのは、よく動く子供をうまく撮るのはやっぱり難しいです。
成長して運動会とかになるとまた違った難しさもあると思います。
とは言え、スマホのカメラよりは良い写真を撮るはずでたぶん喜んでもらえると思いますし、自分の子供の前に「おにいちゃんおねえちゃん」達で経験を積ませてもらえるというメリットもあるので、やはりこれからも撮りに行くんでしょう(笑)

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2347-d2bbecd2

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード