ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

相棒を見ていて気付いたこと

昨夜は相棒の最終回でしたね。
録画したのを見ていたら、高岡早紀さんが出ていました。

相棒マニアではないのですが、なんとなーーーーーーく初めてではない気がして調べてみたら、
Season3 第7話 「夢を喰う女」に図書館司書の辻村めぐみとして出演していたそうです。

かなり長く続いているシリーズですし、Season3だとだいぶん前でもありますので、「別人物役で同じ人物を起用するな!」と騒ぐつもりはありません。

それよりも気になったのが、このSeason3 第7話 「夢を喰う女」はDVDには収録されていないようなのです。
その理由が、閲覧者の個人情報を図書館の司書から聞き出す場面に対して日本図書館協会から「地方公務員法違反になりかねない」との抗議が入ったことにより、制作者側が判断したとのこと。
確かに図書館司書の方が個人情報を漏らすというのは現実的には通常ないでしょうし、令状を見せるシーンも省略されていたそうなのですが…
図書館協会の抗議はそこまで強硬でもなかったようですし、制作者のいわゆる「自主規制」はしっくり来ませんねぇ。

まず、地方公務員法違反よりも重大な殺人事件が毎回のように起こっていますが……それは
図書館に対する誤解が広まる可能性というのもこのドラマのこの回の図書館に限ったことではないでしょうし、実際に令状なしで進めると問題なのは明白なことです。
そして何よりも、何のためのエンディングの「フィクションです」なのか?


これはドラマですが、報道の姿勢にも通じるようで生きにくさを感じたのでした。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2387-8ea70985

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード