ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

AO・推薦組の就活戦略

“大学は推薦入学”の新入社員は使えない、は本当か|イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司|ダイヤモンド・オンライン

私もAO組ですが、母校在学中に自分の学部で聞かされていたところによると、極端に二分化する傾向があるようですね。


AOや推薦というとまず「学力試験を受けていない」というイメージを持たれます。
一方で、何となく高校生をしていたら普通に一般入試を受けることになるであろう中でわざわざ戦略的にマイナーな方式を選んで勝ち抜いてきたというのも事実です(これはその試験の選考方法や受験者層によりますが)。


AO入試を受けると言ったときの周囲の反対意見は「一般入試は勉強した答えを確実に書けば点を取れるけど、AOは何がどう評価されるかわからないからリスクが高い」といったものでした。
確かにそれはそうです。当時の自分の一般入試の準備具合を考えれば受験生としては危ない橋を渡ったとは思っています。


一般入試は「試験」ですから点が高い人から合格します。
AOや推薦も入試であって試験ではあるのですが、合否決定のプロセスが「選考」だとすれば単純に学業成績だけでなく、学部の理念に合い、学部が目指す学生像を体現してくれる学生を確保したいというのもこれらの試験の目的の一つです。
面接や当時の私の場合はGDなど形式は様々あるにせよ、そのプロセスでは自分の考えを論理的に表現するということが求められます。


大学入試の時点でこのような思考を経験していれば、「正しい答えを出し続ければ評価されるという感覚からの脱却」が容易であるとも考えられ、これは就活にとって大きなプラスになり得ます。
「戦略的AO・推薦組」の学生にとってはこのようなメリットがあると考えています。


リンク先の記事のタイトルを見て悲観しそうになった学生はそんなことを考えてみても良いのではないでしょうか(もちろん最低限以上の学業には取り組んでいる前提ですよ)。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2398-a5f18622

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード