ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

出席管理の保証人への公開

近畿大学、全学生の出欠・成績を親が「照会」可能に 「心配が解消」「過保護すぎる」と賛否両論(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

賛否両論ですか、難しいところですね。
私の人間としての率直な感想をいえば大学生の出席管理自体を行うべきではないと思っています。授業に出てどうなろうが、出ないでどうなろうが本人の責任であり人生であるのでそんなところにコストをかけるべきではないし、出席したかどうかが成績の判断基準になるべきでもありません。

大学人(職業大学人)あるいは組織人としては、実態に即して効果を見込めるのであれば価値はあると思うし、出資者の要望に応えるというのも自然なことだと思います。

大学ごとの学生の状況や実家比率も関係すると思いますので、近大で実施することがどうかというのは私がとやかく言うことでもありません。

ただし、保証人として大学に同様のサービスを求める方に考えていただきたいことが2つあります。
・システムや運用するための人件費は当然タダではないので、学費が上がるか、あるいは教育研究活動に投資されるべきコストが削減されても不思議ではない
・大学を一歩出て、卒業後の進路を考える場面では学生本人の価値観があり、そこは親の思い通りにならないし、可視化も無理。必要以上に就活に介入(≠アドバイス)するとだいたいはうまくいかない

それでも教育研究活動にとって必要な投資であるという判断であれば良いのではないでしょうか。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2412-d4a1a189

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード