ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

印鑑がわからない問題

先日、人生初の100%自己資本での学費支払がありました。
科目等履修生ですので、そこまで高額ではないとはいえ、日常的に支払うことはまずない額です。

当初計画通りに財形を使うときが来た!
ということで、毎月天引きされている財形の一部払い戻しに初めて挑戦。
結果は印鑑不一致。この時点で最初の払い戻しの意思表示から1日。

学費支払いの期限もありますので、不一致の時点で財形から直接支払うのは諦めて日常使いの口座からかき集めてきてギリギリ学費分揃えました。

財形の印鑑が見当もつかないので、最初の申し込み書類のコピーをもらって正解の印影を見るも、心当たりなし。

私はこれからどうしたらいいんでしょうか(笑)

笑い事ではないぐらい日常使い口座にお金がないのですが……
もう19日まで来たので給料日まであと6日何とか凌いで、財形は放置してしまうか。
それでもすぐに使える緊急用資金はほぼ無い状態ですが、車に乗らなくなって一番出費リスクの高い交通事故もまず起こさないようになったので夏のボーナスぐらいまで凌げば何とかなるかな。


メガバンクと関わるなら印鑑ぐらい覚えとけよ!という声が聞こえまくりですが、そんな高度なことができる人間なら苦労しないし、ここまでペーパーレス化にもハマらないので言わないルールでm(_ _)m

普通の銀行なら数分で完了する案件で必ず印鑑で揉めて数週間かかってしまうので、いっそのこと財形も解約して自分の管理下に置ける積立定期にしようかとも思うのですが、本人でも気が遠くなるぐらいの時間と労力をかけないと引き出せない使えなさに、印鑑が必要な古典的な銀行の財形としての有能さを見出してしまったり。。。


悩ましい。
何よりも、あの見覚えのない印影はどの印鑑なのでしょうか。
誰か教えてください。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2417-afdc09ad

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード