ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

今週の統計学~開き直りと悟り~

「数学なんて知らない」普通のアラサーが急に統計学を勉強し始めた話。
シリーズ化?しつつある感もありますが(笑)、今週の惨状です。

やっと自信から確信に変わりました。
統計学を理解不能なのは統計学が理解不能なのではなく、高校数学を事実上やっていないことがやはり原因なのです。(数学でもまれに理解している箇所にハマるとそれなりにわかる)
統計学は数学とは違って比較的「論理」であるような気はしていて、「論理」であれば必ずしも苦手分野ではありません。
その「論理」の基礎(前提条件)になる数学部分にいくらなんでも初見の(初見だと感じる)記号が多すぎます。
(統計の「それ」が何か、その論理さえわかってしまえば、実際に計算するのは機械なので数学者にも統計学者にもなるわけではない私は困らない、というかなり大雑把な開き直り)

ここはもういっそ、統計学の単位の修得のことは置いておいて、数学です。
普通の人が数学の何を理解しないかというと、数式や記号で会話が展開される点ですよね。
式を日本語に書き換えてみました。

2乗→2回かける
ルート→2回かけたらそれになるやつ
平均→全部足して総数で割ったやつ
偏差平方和→「数値から平均を引いて2乗」を全部足したやつ

この方式でいくと、何と何と標準偏差のあたりは意味がわかってくるではないですか!
やっぱり私は日本人ですね。
一方でどう翻訳しても理解不能なのは例えば「log」。
これはもう開き直りですね。
英語科の高校に進学してlogを理解する機会を失った代わりに、(話せる・使えるかどうかはともかくとして)少なくとも英語に抵抗はない、文法にこだわることはしないという日本人には少数派と思われる感覚を手に入れたのです。

統計学とは開き直りと悟りの学問のようです。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2419-301b492d

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード