ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

選挙に行きましょう。

7月10日、選挙をやりますよ。
と正式決定に近いレベルで報道され、当日出張中で零票確認はおろか当日中に行けないのが確定の私は、期日前投票に行くスケジュールを自分のカレンダーに入れようとしました。

すると、もう入っていた(笑)

前に選挙の日程の話が出ていたのをどこかで読んで入れたのでしょうけど、入れようとした日時まで全く一緒でした。
我ながら考え方とスケジュールの安定感を確認したのでした(笑)

今回からは18歳と19歳も選挙権を持ちます。
個人的には義務教育を卒業したら選挙権を与えられるべきだと考えていますので、方向性としてはもちろん賛成です。
一方で、高等教育機関に所属する者として、10代がどのような投票行動(あるいは不投票行動?)に出るのかという興味と不安もあります。特に進学する7~8割の層がどのように考動するのか。
事実上のライフステージの区切りは18歳ですから20歳・21歳と大差ないのかもしれませんが、一方で就職や将来のキャリアについて具体的にシミュレーションできている割合はやはり20歳・21歳にはかないません。

今だけでなく、将来のことにも影響するのが選挙。
なんてことを言い出して突き詰めると、日本人全体の無気力や「他人事感」に結局は帰結してしまうのかもしれません。


最後に、選挙ということで
古い記事ですが、虚報タイムスよりツボにハマった記事をご紹介して、おしまい。
都知事選、浦安市の投票率は0% | 虚報タイムス

10代投票率は改善するでしょうが、浦安市の東京都知事選、町田市の神奈川県知事選の投票率の低さは由々しき事態ですね(笑)

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2422-efd3126e

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード