ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

少し身近になった不倫騒動

今年に入ってから相次ぐ不倫騒動に、
「会ったこともない人の家庭の問題に電波を使われても、知らんがな」
と言い続けてきました。

そしたら遂に、、、
会ったことのある人の不倫騒動が出てきました(^_^;)

子守康範アナが不倫を認め謝罪 週刊新潮に掲載も - ライブドアニュース

子守さん、、、
いやぁこれはまさかの展開です。


直接お会いしたのは1度だけではありますが、ラジオという独特の世界で毎朝のようにお声を拝聴していると1度という回数以上の親近感があります。
好奇心の塊のような感性と、サラリーマンがサラリーマンである限り絶対に見えない経営者(創業社長)という視点からの切り口は、就職以降の私の価値観に思いのほか大きな影響を与えています。


かくして不倫騒動がほんの少し身近になって考えてみました。

まず、番組は続投。
苦情もあったようですが、局の方針は続投とのことです。
子守さん本人は全てを潔く認めて謝罪。

1リスナーの私としても、もちろん続投を期待していますし、この騒動があったから特別何かを思うかと言われれば、「別に。」

もちろんご家族やお相手との間では相当いろいろあるでしょうけど、そこがクリアできるのであれば、
リスナーとしては実害も無い状態で子守さんの番組を聴けなくなる損失の方が大きいでしょ、という結論に至りました。

全く何も後ろめたいことのない聖人君子などまずいないでしょうし、
誤解を恐れずに言うと、
聖人君子でいられるぐらい安全運転した人生で人を動かせるか、感動させられるか、というと難しいでしょう。

他人が片っ端から目くじらを立てるのは社会としてはやはり損失でしょう。





まぁ、私は不倫はしませんが。(笑)
追記:
騒動翌朝の放送、私の聴いていた部分では、Panasonic提供のコーナーはアシスタント大塚さんの1人しゃべりになっていましたが、他は通常営業の模様。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/2437-89ad90af

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード