ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

あたりまえでは?

「1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

1人あたりGDPの話、このところよく見かけますがあまり驚かないんですよね。
私は幸い好き勝手に生きていますが、
世の中全般的に
「出る杭を打つ」文化や
周囲を見て自分の働き方を決める慣習があまりに強く、
(組織プレーの意義はもちろん大きいが一方で)各々が個人の成長やキャリアを考える機会があまりに少ないと感じています。

それはもちろん集団では成果が出ても1人あたりで考えれば伸び悩むでしょ。
むしろここまで個を犠牲にして良く言えば捧げる、悪く言えば任せることができる日本人はすごいなと思います。

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード