ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

お金のことよりも不安

台湾でたんまりとため込んだ腰の張りを治療してもらいました。今年最後。

12月中旬から始まった治療なので2016年の医療費は合計数千円程度の大した額ではありませんが、もし長引くのであれば2017年はそこそこまとまった額になるかもしれません。
次回以降は人生2度目の医療費控除に備えて念のため領収書を集めていくことになりそうです。
普段は交通費はかからないけど、何かで定期券の切れ目が来たらその時だけ交通費もかかるとか、腰とは関係のない通院や薬代も領収書をきっちり取っておくとか複雑。
お金のことよりも、本来なら真っ先にデータにしてしまうような領収書を1年間地道に貯めていくなんていう離れ業をやれるか今から不安で別の病気になりそう……笑

前回の10万円超えというのはレーシック手術一発で超えたもので、おかげさまで健康体のため薬の購入もほとんどなかったためほぼ一案件の書類を揃えるだけで済んだのです。
ふるさと納税の関係で一時期、確定申告をする人になったこともありましたが、それも制度変更で不要になり、この辺の作業はまた疎くなっていたところにやってくる試練。
ああ、病みそう(二回目)

税金関係の手続きを毎年きっちりやられている個人事業主の方は見ていて本当に尊敬します。
サラリーマンも全部自分でやるのが本来あるべき制度の形なのでしょうが、現実的にはなかなか難しいですね。


(余談)
国の方でじわじわ進んでいる「副業禁止」の廃止の流れが本格化したら税金関係の制度も大きく変わりそうですね。
給与外所得年間20万円なんてその気になれば簡単に超えるでしょうし、そもそも給与所得という概念が崩れてもおかしくないですからね。そう考えれば今からサラリーマンも社内の清算以上の領収書管理能力を身につけておいても損しないかもしれません(得もしないかもしれませんが)。
いや、私だけが極端に欠如している能力かな?笑

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード