ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

大学事務職員の関係法令見直しの件

年末から大学職員の間で沸騰中のこの話題。
大学事務職員の関係法令見直しを提案、文部科学省 | 大学ジャーナルオンライン

私は前々からこの「事務職員」「事務に従事する。」という規定について、「事務」を削除して、少なくとも専任(企業でいうところの総合職正社員)の大学職員の役割が受け身の事務作業で完結するかのような誤解を招く表現は時代に合わせて改められるべきだと考えて諸々の活動をしてきています。

そんなことは決してないのですが、もし「平野は将来政界進出を狙っているのか?」という印象をお持ちの方がいらっしゃれば、ここで法令を意識しているからだと思います。

営利企業の方からすると、
「何で規定されないと仕事できないの?」
が普通の反応で、こんな規定があることに驚かれても不思議ではありません。

しかし、良くも悪くも大学はそういう組織です。
入学者と最低4年間のお付き合いをするためには目先の利益で事業を簡単にスクラップアンドビルドされてはいけませんから、最低限の枠組みは必要です。
ただし、そのことがやらない理由になる内容、状況になっているのではないでしょうか?社会環境に合わせるタイミングが来ていると思っています。
裏返せば、明文化して効力を持たせれば動くのが大学、という言い方もできます。

大学院進学の動機も非常に端的にいうと、
この法令見直し、大学職員の役割のパラダイムシフトに乗り遅れない、あわよくばリードしたいということです。
思っていたより早く波が来た感はありますので、早く追い付いていけるように取り組んでいきたいと思います。

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード