ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

平成が終わる話はさておき…

2019年元日から元号が変わるそうな。
みなさんが平成を懐かしむ風潮に水を差して申し訳ないけど、
ついでに西暦も正式な年号として認めたら?
というのが思うところです。

実は和暦の感覚がほぼない私、たまに今が平成何年なのかを検索することもあります。
細かすぎてこれまで言わなかったのですが、就職先を決めるときに今の所属先が西暦を使っている組織だったというのも、内定から迷わずに就職を決めた要因の一つです。
今でも役所はもれなく和暦ですし、民間企業でもたまに和暦のところがあってそういうところと仕事上の文書をやり取りする際には、お疲れ様です、と心の中でエールを送ってしまいます。

そんな私の好みはどうでも良いのですが、
人の人生、いつ何が起こるかわからないのが鉄則。
それは国の象徴といえども同じ。
次回の元号代わりは予告になりそうですが、やはり1回限りになるようです。

一国のシステムを揺るがすような年号という大きな問題がこんなに高い偶発性の上に成り立っているという現状、
子供の時から不思議でならなかったのですが、時代が進めば進むほど非合理が目立つように感じるのは私だけでしょうか。

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード