ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

大学は「踏み台」

5年前のFacebookでの自分の投稿より。追手門学院大学で開催された学生FDサミットでの出来事だったかな?

「本日のしゃべり場にてある学生が「全てを与えてくれていた高校までと大学とでは過ごし方を変えなければいけない!ずっと「生徒」でいてはダメなのか!」とすぐにこの視点に行き着いてくれて、中身の詰まった時間にできた。これは大学生活充実のためのあくまで「踏み台」。ぜひ活かしてほしいものです。」

私の一貫して変わらない考え。
大学は階段でもエスカレーターでもなく「踏み台」。
自分の目標に向けて適切な場所にある踏み台に正しく乗れば高い位置の目標に手が届くし、一方で自分で上がって踏ん張らないことには使えません。
「学生サービス向上」と「全てを与える」の間にはともすればジレンマが発生しますが、根本的には偏差値の価値観で進学先を決めるのではなく、自らのキャリアの一部として大学・学部を探すという感覚に高校の早期に出会う機会を確保してほしいと思います。

大学のパラダイムシフトも「全てを与える」ためでなく「生徒をきっちり学生にする」ためでありたいものです。

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年大阪生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。横浜在住。
教務経験後、2015年にキャリアセンターに異動したことをきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まる。入職前から興味を持っており、志望動機といっても過言ではない「大学経営」「事務職員の教育人化」といったあたりと結びつく……のか?
立命館大学在学中に出会った学生FD活動は細く長くゆるやかに続けております。初期の初期の話(いわゆる昔話)をお聞きになりたい方がいらっしゃれば積極的にお伝えしております。
趣味は野球観戦(いや、もはや野球「参戦」)、旅、カメラ、マラソン、トレーニング、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。好きな街は横浜、仙台、神戸、台北。
(2015年11月21日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード