ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

学生FDサミット2009夏~大学を変える、学生が変える~

学生FDサミット2009夏~大学を変える、学生が変える~

学生と教員・職員が一緒になって大学の授業について、教育について考える。
それが学生FDサミットです。
立場を超えて、大学の壁を越えて、グループワークや意見交換を通じて―


現在記念すべき第1回、「学生FDサミット2009夏~大学を変える、学生が変える~」の参加者募集中です!
8月29日・30日、立命館大学衣笠キャンパスで開催します。
詳細なプログラムなどはhttp://www.ritsumei.ac.jp/acd/ac/itl/student/fd_staff/st_fds_200907.htmlに掲載しております。合わせてご覧ください。
主なプログラム
【オープニング、学生FDってなんだろう?】
学生が大学を変える、歴史的第一歩のスタートです!

【しゃべり場petit】
学生と教職員混合の6名が1テーブルに集い、各テーマ(自分の大学自慢、これぞ理系!自慢、初年次教育、印象に残った授業、もし教員だったら・学生に戻れたら…etc)について語り合ってもらいます。1termにつき45分を3term、テーマとメンバーは毎回変わります。

【しゃべり場~学生FDでできること、したいこと~】
しゃべり場petitでの発見も踏まえて学生FDで何ができそうか、何をしたいかを学生と教職員混合の10名程度のグループで気軽に意見を出し合います。

【懇親会】

【目標設定グループワーク】
それぞれの学生FDの推進に向けて、大学での参加の方は大学内での目標を、個人参加の方は個人目標を設定していただきます。

開催概要
【日時】 2009年8月29日(土)、30日(日)
【会場】 立命館大学衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム
【参加費】 無料
    (※ 懇親会は参加費が必要です 学生:1000円 教職員・一般:2000円)
【受付期間】 2009年7月31日(金)まで
【ご応募方法】
以下の内容をメールにてfd71cer@st.ritsumei.ac.jpまでお送りください。
 ・大学・所属名(学生の場合、学部・学年を記入してください)
 ・グループ参加 or 個人
 ・氏名(グループ参加の場合は代表者)
 ・参加人数(グループ参加の場合)
 ・連絡先(メールアドレス)
 ・しゃべり場petitの希望テーマがあればご記入ください


【リンク】
学生FDサミット2009夏~大学を変える、学生が変える~公式サイト
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/ac/itl/student/fd_staff/st_fds_200907.html

学生FDサミット2009夏~大学を変える、学生が変える~公式コミュニティ(mixi)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4421446

立命館大学学生FDスタッフ
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/ac/itl/itl_fd/index.html

立命館大学教育開発推進機構
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/ac/itl/index.html

FDバナー

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/727-15bd5eea

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード