ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

初イースタン、初弘前。

090801弘前市運動公園野球場
青森の弘前市運動公園野球場でのファームのマリーンズ戦です。
一軍でもなじみある選手も多くいました。
090801内村賢介(弘前)
090801内村賢介(弘前)
数少ない僕よりも背が低いプロ野球選手(笑)、俊足の内村賢介

090801枡田慎太郎(弘前)
090801枡田慎太郎(弘前)
今年も一軍昇格のチャンスを狙う枡田慎太郎
この日はヒットこそなかったものの、5打席で犠牲フライ、四球、送りバントと手堅く貢献していました。

090801塩川達也(弘前)
神戸の星☆、塩川達也

マリーンズですが…
090801神戸拓光(弘前)
俺達の神戸

イーグルス先発は一軍でローテ3番手を期待されながらも苦しむ朝井
090801朝井秀樹(弘前)
立ち上がり1・2番から三振を奪い格の違いを見せつけるかと思いきや、3番南に四球を与え4番ムニスにレフトスタンドへ運ばれてしまいました。
5回2/3を投げて自責点4、決め球のカーブで思うように空振りを取れず全体的に苦しいピッチングという印象でした。

1回裏の攻撃、いきなりの2点ビハインドを返すべく打席に立った1番バッターは平石洋介
できることなら弘前ではなく千葉で会いたかったが…うーむ…
090801平石洋介(弘前)

090801平石洋介(弘前)

090801平石洋介(弘前)
初回の打席ではヒットで出塁して同点に追いつく足がかりとなり、第2打席ではツーベースヒットも放ちました。

投手陣では一軍復帰が待たれる川岸や渡邉恒樹も登板しました。
090801渡邉恒樹(弘前)

090801川岸強(弘前)

特に川岸はキレもあって一軍昇格も近い気配がかなり感じられましたにっこり

俺達の神戸絡みでは8回の打席からレフトのマリーンズファン数名が俺達の神戸を歌い始めましたきゃー!



1・2回でマリーンズ先発・手嶌から6点を奪い楽勝ムードと思いながらもそうではないのが一軍と同じで苦しいところです。
2点リードの9回から登板した佐竹が大誤算でアウトも取れず1点差に迫られてピンチを残して降板しました。
090801佐竹健太(弘前)
続いて登板した吉崎は2アウトまで持っていくも満塁でバッターは神戸
090801吉崎勝(弘前)
俺達の神戸のおっちゃんもやっぱりまた歌っていて、その歌声に合わせて内野スタンドからも手拍子が起こり、観衆882人のスタンドは一気に盛り上がりました。

吉崎VS神戸
一騎打ちの結果は…神戸2点タイムリーかおまる

土壇場で9-8と逆転されてしまい迎えた、9回裏イーグルス最後の攻撃。
丈武、牧田の連打と慎太郎の送りバント、そして銀次敬遠で1アウト満塁という逆転サヨナラのチャンスを作り、再びスタンドも盛り上がりました。バッターは内村
090801内村賢介(弘前)

しかし、バットを折られファーストゴロホームゲッツー絵文字名を入力してください
9-8でゲームセットとなってしまいました。
090801イースタンE-M(弘前)スコア

序盤のリードを守りきれないという課題は再び見えてしまいました。
一方で、一軍復帰の待たれる選手が(高須選手は出場機会がありませんでしたが)光っていたという点では楽しみも膨らんだ初のイースタンリーグ観戦でした。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/757-1fb1c98b

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード