ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

あれから一年、3回(年)生へ

早いですね、もうリーマンショックから一年です。
ホテルのバイトの件数が激減したり、そんなことよりも就活の状況が急に激変したりとそこそこ振り回された一年でした。
こんなことを書くと、これから本格的に就活を始める3回(年)生のみなさんがビビっちゃうでしょうけど…笑

でも、不景気就活も良いもんですよ。(終わったから言えるんやろ手というツッコミは無しの方向で汗笑)
僕の一つ上の代の就活は「売り手市場」と言われていました。その代の人から聞いていた話の感覚で想像してみると、「一年早く就活していたらおそらくあそこは内定出ていただろう」と思う某会社があります。
当時は本気でそこに行きたいと思っていて最終面接まで進んでいたので、内定が出たら4月にとっとと就活をやめていたと思います。
でも、今の立場で考えてみると真剣に「あそこは違った、行かんで良かった」と感じています。その証拠が学校法人というある意味特殊な就職先で落ち着いた結果だと思います。
この会社のように、中途半端な意気投合をして凄まじく良く見えているところからは売り手市場では内定が出る可能性が高いですが、不景気なら当然内定が出にくくなります。
同じ時期に就活をした人も多くが内定が出にくい中で悩み、考えて無駄に多くない選択肢の中から道を決めたので、就活中に考えた分だけ就職後に気付く失敗が少ないのではないかと感じています。

就活は将来の方向性が決まる期間になるのでいろいろ悩むことも多いとは思いますが、学校の授業ではできない勉強を次から次へとできる重要な期間でもあると思います。
厳しいとはいっても90年代の「就職氷河期」には到底及ばないと言われているので、いろんな人と会えて、いろんな会社に潜入できる絶好の機会を楽しんでくださいにっこり

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/812-17401f51

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード