ひらのーと

袖振り合うも多生の縁。大学職員・兼業大学院生の日記 since2005

とある職員さんのお話

今日はある友人とご飯を食べました。
その友人は1回生のときに基礎演習(小集団クラスでの演習)で知り合って以来同じ学部で学んできましたが、休学期間等の条件が揃いこの秋に前期卒業しました。で、就職先が学校法人立命館。
僕にとってはずっと同じ学生だった人が急に職員さんになるという、まるでチームメイトが引退してコーチになったプロ野球選手みたいな感じです。今で言うなら礒部さんと中村ノリみたいな感じ。ノリさん、今のままだと僕が学生を卒業して職員になるように、もうすぐコーチになってしまいますよ

という脱線話はこれぐらいにして本題の職員さんの話です
友人との会話内容全容は割愛しますが、一つだけ心に響いた話を。
友人は同じ部署(学部事務室)の先輩職員さんから研修でこう言われたそうです。
「(職員は)みんな学生のためにとは考えているけど、愛を持って学生に接する人は少なくなった」

深い
業務の中で効率度外視というわけにはどうしてもいかないとは思いますが、でもその中にいかに「愛」を入れるか。
実際その先輩職員さんはキャンパス内でまるで放課後の高校の先生かのように学生に話しかけたりされているようで、学生の中にもその職員さんのことを知っている人もいるそうです。
まさに僕が目指したい職員像ですし、自分のキャラ的にも目指すべきところだと感じています。また、学校法人が株式会社ではなく学校法人を名乗る意義の一つはそういう部分だとも思います。

ありがたいお話でした。
友人と僕とでその職員さんを囲む会の構想を勝手にしていたり、していなかったり…(;¬_¬)笑

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hiracchi1013.blog118.fc2.com/tb.php/916-69e0b854

 | HOME | 

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード