ひらのーと

≫【ライフログ】

今年の夏の予定が

今年の夏の移動(1都3県以外)予定。大枠が固まりました。
2週間で九州が2回とかその間に東北が入るとか、
1週間で北陸が2回とかさらにその間に九州が入るとか、
例年になく長距離移動、それも「行ったり来たり」が多いです。

あえて陸路移動にして乗車券をまとめれば、安く移動できるパターンがいろいろありそうですね。
こんな生活は今年を最後にする覚悟ではいるのですが、結局来年以降も同じようなことをやっていそうな気もする(笑)

同級生がモーサテに。



大学の同級生が、早朝のテレ東でおもしろそうなことをやってやがる。

緊張しすぎやな。
昔はあんなことやこんなことをやってたのに立派になって(笑)

密かに(しかし結構本気で)これの後の番組の裏番組に何とか忍び込もうと狙っているので負けられないな( ̄^ ̄)b

賛同→教職員の時間外労働にも上限規制を設けて下さい!!

これは賛同。
部活顧問の業務と責任が極めて中途半端な扱いになっている問題は深刻ですし、親(生徒側)としては部活がタダという感覚も見直されるべき時期だと思います。

キャンペーン · 教職員の時間外労働にも上限規制を設けて下さい!! · Change.org

はしご。

学部の授業そこそこ実施のGW、連休にならず大変だと言ってくださる方も多いですが、
もともと祝日反対派でカレンダー通りに働く感覚がないうえに、大学院の授業が休講で院生として休みになるだけでだいぶんゆとりが出ます。
そんなGW初日、どちらの授業もないので、おっさんらしく朝から病院のはしご(歯科→整骨院)😅

どうやら人生初の差し歯になりそう。
被せ物ならまだしも差し歯が銀はさすがに目立つので保険対象外の素材にすることになりそう。
いよいよ、本当に医療費控除対象ですよ!
本当に領収書をちゃんとまとめておかないと!

手書きノートVSノートPC

手書きノートVSノートPCの話。

タイピング作業は受動的な作業に分類されるため、しっかり記憶に残すには手書きが有効とのこと。
これは私の感覚的にも同意。

では、「手書きでノートPCにメモ」は?
言及されていませんが、科学的にはどうなんでしょ?
ちなみに、2016年度1年間「手書きでノートPC」で授業に参加してみた私の感覚では、記憶への残りやすさは
「同じもしくは若干紙に劣るかも」
でした。

授業に限らず仕事でも、同じ方法をされている方じわじわ増えている気はしますが、どんな感覚でしょうか?

「同じもしくは若干紙に劣るかも」なら紙でも良さそうですが、あとは実務的なところで
・紙を管理するコスト(気付いたら紛れ込んでいる)
・消失リスク(データなら端末が壊れてもサーバーに残るけど、紙はなくしたり濡らしたり間違えて捨てたらアウト)
・どこでも参照できる(常に紙を持ち歩かなくても端末があればいつでもどこでも)
・処理に悩まなくて良い(物理的な紙を永久に保管するのは無理だけどデータなら悩まなくて良い)
といった点を考えれば結果的にデータの方が有意義という感じです。

学業であれば基本は個人の作業なので自分が良ければ良いのですが、仕事になると引継などの関係上、ある程度周囲の状況との互換を考える必要もあり複雑ですね。
ペーパーレスの過渡期を何とか乗り切りましょう。

Windows派なので普段のノート書きはMatebookだけど、iPad Proもちょい気になりますね(笑)

羽田空港で就業体験

羽田の搭乗口にて「就業体験」という名札を付けたスタッフさん発見。

当然、どの大学(あるいは専門学校)からどんなルートでインターンシップに参加しているのか確認したくなるのがキャリアセンター担当者の性(さが)っちゅうもんですが、前の人が思いの外スムーズに進みすぎて、「大学生」というだけで大学名までは確認できず😥
(むちゃくちゃ時間があれば直接応募か、大学から紹介されたかも聞きたかったところですが笑)

これ、社員の方には女子大生目当てのナンパに見えていたりするのかな?😁
そうだとしたら、大学生の就活事情まで調べていて情熱と努力が垣間見えますね。
もちろんそんなことはないのでご安心を(笑)


今日羽田でインターンシップ中に、インターンシップについて聞かれるという奇特な話しかけられ方をしたあなた、
万一ここを見ていましたら、PC表示で右上に書いているアドレスもしくはコメント欄で、大学名と参加経緯をお知らせいただけますと幸いです(笑)

呼び出し。

横浜に来ているとのことで、
急に呼び出す卒業生も卒業生だが、
普通に歩いてふらっとやってくる職員も職員ということで。

ものすごく濃い話で、今日もしゃべりすぎました(笑)

耳鼻科で本当にあった話

①先日からどうも風邪気味(ただし咳はそんなに出ない)。
②飛行機でいつもできる耳抜きがうまくできない。
③指がふと耳に当たった時に水が入っているような違和感と痛みを感じる。
④条件が揃ったため大人の中耳炎か?と不安になる。
⑤とある耳鼻咽喉科クリニックに行く。
⑥待合室が微妙に埃っぽく感じて咳が出始める。
⑦耳の中から細かい髪の毛が見つかり、おそらくこれが耳の違和感の原因だという話になる。
⑧一応耳の検査、奥の検査室へ。
⑨検査室が完全に埃っぽくて咳はノンストップ、鼻水や涙も出始める。
⑩耳は正常だけど、咳を止めましょうと喘息系の処方をされる。喘息系の診断をされるのは人生初。
⑪全ての手続きを終えてクリニックの外に出て深呼吸。
⑫咳が止まる。

ここ、呼吸器系もやっているようだけど、あの埃っぽさは大丈夫か?
もしかしたらあれを埃っぽいと感じるのが私のアレルギー症状なのかもしれないし、確かにごくごくごく稀に特定の場所で咳と鼻水が止まらなくなることがあるのですが(例えば、よりによって前の職場とか笑)、それがヒットする耳鼻咽喉科てどうなんやろか?

新しい院長

入試の仕事も一段落し、久々に整骨院へ。
2月から新しい院長になったのです。

いざとなれば医療従事者には絶対に叶いません。
症状がだいぶんマシになり忘れかけていた痛みの元を一発でゴリゴリ。
ストレートネックに対しても「スマホは目の高さで」と改めてアドバイス。

この姿勢、違うところが筋肉痛になりそうだ😂

Wekey Pocket!薄い!

クラウドファンディングで見つけて、反射神経で参加してしまった「極薄キーボードWekey Pocket」が届きました!

薄い!!!!
が、慣れない英字配列とこの薄さは打ちにくい!笑
配列はそのうち慣れるでしょうけど、薄さはどうにも。。。
まるで机をたたいている感触で、きつく打つと突き指しそうです(笑)

もちろん、薄さと打ちやすさはトレードオフですし、そもそも出張要員で打ちやすさは求めていないので慣れるしかありません(笑)
今のところ、無線でもチャタリングは起こる気配がなく、そこは一安心です。

板型キーボードといえば、LenovoのYOGA BOOKもこんな感触なんですかね?

«  | HOME |  »

ひらっついったー

プロフィール

平野優貴

Author:平野優貴
1987年生まれ。2010年立命館大学政策科学部卒業、東京の私立大学に入職。2017年法政大学経営学研究科入学、兼業大学院生に。
大学在学中は学生FDスタッフとして教職学協働の活動に参加し「学生と生徒」の違いについて考えているうちに大学が職業になる。
入職後キャリアセンターへの異動をきっかけにキャリア形成や人的資源管理などといった分野への関心が強まり、経営学研究科への進学を決意。
プライベートでは横浜を愛し、趣味は野球観戦(イーグルスとベイスターズ)、旅(台湾好き)、献血、カメラ、マラソン、スタバ巡り、ペーパーレス化、等々。
(2017年8月20日更新)

※当ブログの内容は個人の見解・日常の記録です。あらゆる所属組織の見解とは一切関係ありません。
お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご提案・ご依頼・いたずら(笑)等々はお気軽にyuki.hirano.blog◯gmail.comまでお願いします。(◯を@に変えてください)
Twitterはhttps://twitter.com/hiracchi_ebu
Facebookはhttps://www.facebook.com/hirano.yuki

検索フォーム

クリックで救える命がある。

カテゴリー

最近の記事

リンク

RSSフィード